サポセン電波通信


第89回へ  一覧へ  第87回へ

第88回

あ:ニコニコ座の怪人。
兄:へ?
P:何?
あ:知らない?
兄:2月17日。
あ:13時4分。
兄:兄貴と、
あ:あきすてと、
P:あさPの、
兄:サポセン毒電波通信ー。
あ:いえーい。
P:なんだあれ!
あ:うお、すげ!
兄:えーっと、今日は東京マラソンがやっておりまして、その中継などを見ながらの収録なのですが、なんというかコスプレしている人が走っていますけども。
P:面白い。
あ:今日は東京都内は大変ですよ。大パニックですよ。
兄:さっき、環七まで行ってきたんだけど、逆に普段はいるはずの白バイがほとんどいなかったね。
P:あー、なるほどね。
あ:でも今日は道路規制がすごいからね。
兄:マラソンとか、どうですか。
P:全然ダメ。なんかね、小学校中学校と、後ろから数えたほうが早かった。
兄:そうなんだ。体育は得意だったの?
P:全然(笑)
あ:なんかそうっぽいよね。
兄:あきちゃんはスポーツやってたんだっけか。
あ:野球をやってた。
P:あのね、短距離は速かった。持久力がなかった。
あ:オレも、持久力がなかった。
兄:そうなんだ。私は逆に、短距離は遅かったけど、マラソンは嫌いじゃなかったなぁ。走ってればいいじゃん。
あ:3km走とかだと、最初の1kmは思い切り走って、あとで疲れるタイプだった。
P:中学のときに「こどもの国」で走らされたんだけど、行ったことある?
兄:あるある。山の中だよね。
P:うん。その山の中を走らされたの。女子は4kmで。とりあえずだらだら歩いて、先生の前だけ走ってた(笑)
あ:ありがちだ。
P:そのあとの自由時間で、すっごくでっかい滑り台があって、そこで足をくじいたのを覚える。
兄:それが思い出かい!
P:うん(笑)
兄:なんだかなぁ。ということでもう2月も後半ですが、寒い!
P:寒いねぇ。
兄:今日は、ここの住人はあきちゃん以外、スキーに行っているそうなのですが。
P:あ、そうなんだ。私、昨日行ったよ。
あ:昨日なんだ。
P:昨日と、先週も行った。
あ:先週、3連休だったんだよな。
兄:スノボだっけ?
P:うん、スノボ。
兄:そうだった? 雪は。
P:すっごくよかった! パウダースノーで、歩くとキュッキュッて。
あ:一番いい感じだね。今年はホントにいいみたいだね。
兄:あれ、あきちゃんは何シーズンぐらい行ってないの?
あ:4シーズンぐらいかな。
兄:私もそれぐらいなんだよなぁ。
P:行こうよ、みんなで行こうよ。
あ:ここに板はあるんだけどさぁ。
兄:あ、ホントだ。出したんだ。
あ:いや、なんとなく出して、そのまんまここに。
兄:行きたいんだけどさぁ、行くなら春がいいなぁ。
P:春スキー?
あ:なんで?
兄:だって、あったかいじゃん。
あ:でも、雪がシャリシャリするぜ?
兄:寒いのイヤだしなぁ。
P:アイスバーン、滑りたくない。
あ:スキーやるなら、もう真冬のド真ん中がいいよ。
P:1月と2月だよ。
あ:行くならそうだよね。元々オレは東北の大学だったから、スキーは冬に滅茶苦茶行ってたのよ。
P:昨日、グランデコ行ってた。
あ:いいねぇ。
兄:バスで?
P:うん、バスで。
兄:まずバスがダメだからなぁ、私。
P:んじゃバイクで?(笑)
兄:バイクで行けたら一番いいけど、まぁ電車かなぁ。みんなはバスで行ってもいいけど、私だけは現地集合で電車でお願いします。
あ:だったらやっぱ、ガーラ?
P:そうだよね。
兄:うん、ガーラが好き。あそこはいいところだ。
あ:でもガーラは、上まで行かないとつまんないんだよね。
兄:しっかし、もう何年も行ってないから、滑れないだろうなぁ。滑れたとしても、体が大変なことになりそうだ。
あ:オレもそうだなぁ。
兄:人、いっぱいいた?
P:結構多かったよ。先週は白骨温泉。
兄:んで昨日も行ってたのか。いつ帰ってきたの?
P:昨日の夜。
兄:元気だなぁ。体は痛くないの?
あ:ほら、翌日だから、まだだよ。
兄:ついに筋肉痛が1日おくようになったか!
P:いやいやいや(笑) 実は今日、整体行ってきたの。
兄:生き返ってきたのか。
あ:いいなぁ、整体。どこの?
P:近所の。チェーン店みたいな。
あ:へー。最近、腰が痛くて、どうしようもなくてさー。
P:いいよー。骨盤曲がってたんだけど治してもらって。
あ:いいなぁ。あとで教えて。
P:分かった。
兄:私ね、実はずーっと腰が痛くて、背骨も痛かったのよ。んで思い切って、布団を買い換えました。
あ:おお。
兄:マットレスと敷布団を。
P:え、セットで30万円とかいう!?
あ:マジか!?
兄:いやいや(笑) 近所の店で。こういうときに金を惜しんで悪いものを買ってもいけないと思ったんだけど、まぁ普通ので、両方で1万円ぐらいかな。
あ:そんなもんだね。
兄:んで、びっくりしたね。今までの布団の薄さと固さに。一人暮らし始めたのが10年ぐらい前で、そのときに買ったものだったからね。
P:同じ布団だったの?
兄:うん。マットレスは買い換えてたんだけど、敷布団は同じだったんだよね。いやー、安眠ですよ。いきなり10時間寝ちゃった。
あ:それで風邪ひいたのか。
兄:それはまた別の話で。どうすか、風邪ひいてないですか。
P:全然平気。
あ:オレは先週。
兄:私はもう、声が違いますからね、今。
P:基本的に、冬は元気になる。
あ:そうなのか。
P:暑いのがイヤ。
兄:えー、絶対に夏のほうがいい。
あ:オレも。冬は、スキーやっているときだけいいね。あとは夏がいい。
兄:冬はバイクに乗れないしなぁ。皆さんも、風邪には注意しましょう。

兄:さて前回、今年の目標と、あさPさんにやってもらいたいことっていうのを募集しまして、いろいろありがとうございました。
P:来たんだ(笑)
兄:いろいろ来ました。ところであさPさん、空手をやりたいって話を前回してましたけど、その後どうですか。
P:そうそう、んで、調べたんだけど、時間が合わないの。午後7時開始とか。
兄:あれ、今は家に帰るのって何時ぐらいなの?
P:すっごく早くて、7時半ぐらい。
兄:んじゃダメなんだ。土日とかは?
P:土日だと、小学生とか中学生向けになってるの。
あ:あー、そういうもんなんだ。
P:社会人は平日の夜7時からとかだった。探せばあるかも知れないけど、できるだけ近いほうがいいじゃん?
兄:そりゃそうだよね。
あ:通信教育だ!
P:出た、空手の通信教育!(笑)
あ:DVDとか送られてきて、それ見ながら家でやるんだよ! そのうち板が送られてきて「今日はこれを割りましょう」とかさ!
P:うける(笑)
兄:んじゃ、いくつか紹介していきましょう。まず「raiar」さんから。『弓道』
P:私、アーチェリーやってたよ?
あ:また、何でもやってるねぇ。
兄:え、学生時代?
P:高校のときに。
兄:へー、部活で?
P:いや、学校とは別に、趣味でやってたの。
あ:ホントにいろいろやってるね。すごいね。
P:その当時ね、アーチェリーが、なんか格好いいって思っちゃったんだよね。なんか、マンガで、主人公がアーチェリーやってて。
兄:そんなマンガ、あったかなぁ。
あ:記憶にないなぁ。
P:多分、あんまり有名じゃないと思うんだけど。んで、たまたま近所にアーチェリーを教えてる場所があって。
兄:たまたま近所にあるのもすごいけどな。どれぐらいやってたの?
P:2年ぐらいかな。それがね、入ったら先生がね、「今はアーチェリーの人口は少ないから、頑張ればオリンピックに出てるかも知れないよ?」って言われた。
あ:わはははは。
兄:え、オリンピックに出たんですか?
P:出てません(笑) んでね、アーチェリーって的を狙うじゃん。普通に練習場でやるのの他に、林みたいな場所でやったりするの。
あ:ああ、あるねぇ。
P:あれが夏場だと、蚊がいっぱいいるの。んで、私は刺されやすい体質で、ぼっこぼこにされて全然集中できなくて、それでやめた(笑)
あ:蚊に負けたのか!
兄:あのとき蚊に負けていなかったら、今頃オリンピックに・・・
P:出てたかも!
兄:ジャンクスポーツあたりに出演してたかも・・・
P:あのアーチェリーの選手の、先生の代わりに?(笑)
兄:そうかも知れないよ! んでメールの続き。『握力も腕力もありそうですし、背が高いと言うことですからさまになりそう』ってことですが。
P:私、腕力ないよ。
あ:ないよね。
兄:背はどんぐらいだっけ。
P:161cm。
兄:あ、そんぐらいあるんだ。女性だと高いほうだよね。
あ:そうだね。なんか低いイメージがあった。
兄:私もなんかそう思ってた。
P:よく言われる。
兄:なんかイメージ的に。ちょこちょこしてるって感じで。
あ:ハムスター的な。
兄:そうそう、まさに(笑)
P:よく言われる(笑)
兄:んで話を戻すと、アーチェリーはやっていたと。弓道は?
P:やったことない。あっちだと、なんか精神的なものを求められそうじゃん?
あ:まぁそうだね。
P:向いてないよね!
兄:自分で言うか(笑)
P:撃った後、一呼吸してから礼をして、とかそんな感じでしょ?
あ:あーあー、そうだね。
P:自分には向いていないと思う。
兄:「和」の心には向いていない、と。
P:うん。
兄:でもこういう意見が。「もう」さんから『大正琴』
P:あ、小学校のときに、友達がお琴を習ってて、一度触らせてもらったんだけどね、あれって弦を押してから弾くじゃない。
兄:そうだね。
P:弦を押せなかったの!
あ:力がそこまでなかったのか(笑)
P:そうなの! 押せないーって思った。みんな優雅にやってるけど、かなり力を使うんだなって。
兄:楽器演奏は、今までやったことないんだっけ?
P:ずっとやったことなかったんだけど、今はウクレレを。
兄:あ、そか。ウクレレ、その後どう?
P:第1と第3土曜日は通ってるよ。
あ:すごいね、続いてるんだ。
P:珍しく続いてる。
兄:そろそろ聞かせていただかないと。
あ:今度ぐらいにな。
P:なんか練習しないと。あ、この前ね、「千の風になって」って曲あるでしょ?
兄:うん、あるね。
P:あれをウクレレでやったんだけど、すっごく軽い感じなっちゃって、変だった(笑)
兄:そーとー暗い曲が、ウクレレだとこんなに明るく!
P:ハワイアンになりました。
あ:恐るべし、ウクレレ。
兄:続いて「ありま」さん。『料理教室』
P:前に通ってたことがあるけど。
兄:あれ、料理って得意なんだっけ?
P:普段食べるような料理はあんまり作らないんだけど、なんていうか、アウトドア系は作る。
あ:おかしいな、インドア派のはずなのに。
P:そういうのは好きなの!(笑)
兄:インドアでアウトドア料理を作れば問題ないじゃないか。
あ:危ない危ない(笑)
P:料理かぁ。将来はカフェで働きたいんだよね。
兄:おい、ここに来て将来を語るのか。
あ:メイド喫茶だメイド喫茶。
兄:あ、決定ですね、メイド喫茶。おめでとう。
P:そういえば、この前ね、会社に黒いセーターに白いリボンが付いてる服を着ていったの。そうしたらみんなに「絶対にメイド服似合うよ!」って言われた。
あ:メイド服もいっぱいあるからなぁ。
兄:んじゃ今度、着て収録しましょう。
あ:収録してどうすんだよ! 見せられないじゃんかよ!
兄:いや、オレらは執事の格好で、雰囲気だけでも文字でお届けを。
あ:どうせなら、首から下だけ写真を撮ろうぜ。
P:メイド服って、どこで売ってるの?
兄:今ならどこでも売ってるけど、ハンズにあるんじゃない?
あ:ヤフオクで探そうぜ。
P:でもさ、買っても他に着る場所がないよね。
兄:会社に来て行けばいいじゃん。
あ:「普段着です」って言い張ろうぜ!
P:その格好でサポート行くの?(笑)
兄:いいね、メイドサポセン。前から提案してるけど、ついに実現だよ!
あ:流行るね!
兄:「ご主人様、このパソコンは壊れてます」って。あー、でも、今メイドっていうと、ロベルタが頭に。
あ:危険だな。
兄:さて次に、いただきました「今年やりたいこと」を紹介していきます。まず「がり」さん。『やっぱ勉強ですかね。当方今年で高三です』
あ:やったほうがいいですね。
P:うん、やりましょう。
兄:『ところで、受験科目の物理と数学が両方とも赤点なのですが、どうしたらいいでしょうか?』
あ:・・・文系に。
兄:言っちゃったよ。多分、理系なんでしょうね。もしくは国立なのかな。
あ:でも勉強って、人にやれって言われても、絶対にダメなんだよね。
P:勉強なんかしなくても、大人になれます。生きていける。
兄:むしろ、人間的に成長したほうが、将来は絶対に幸せになれますね。ヒマがあればニコニコ動画を見ているような生活をしていると、ロクな大人になれません。
あ:どき。
兄:続いて再度「raiar」さん。『「一万人の第九」への参加です。いつも申し込みし損ねているので、今年こそと思っています』
あ:お、いいねぇ。
兄:私はカラオケなんかは好きだけど、ああいう本格的なのには参加したことないなぁ。みんなはどうですか。
あ:オレは中学時代、合唱部だった。
P:おお!
あ:っていうか、合唱部ってのは無くって、臨時合唱部っていうのが、コンクールがあるときだけ選抜されるの。歌の上手いやつらが集められるんだけど、そこに入ってた。中学の2年と3年に。
兄:当時あきちゃんは、焼津のゴスペラーズって呼ばれてたからね。
P:格好いい!
あ:ねーよ!
兄:「天使にラブソングを」の主人公は、あきちゃんをモデルにしてるんですよ。
あ:また壮大な(笑)
P:なんて人だっけ、ウーパー・・・
兄:ウーパールーパー?
あ:おいおい(笑)
兄:ウーピー・ゴールドバーグだっけか。
P:みんなで踊るしか!
兄:私も学生時代は音楽が得意で、コンクールでソロとか歌ってたけど。
P:私は肺活量がなくて。
兄:あさPってさ、運動が得意っぽいんだけど、微妙なところが無かったりするよね、なんか。
P:そうなんだよ。
あ:得意っていうか、好きなことだけやってるんだね(笑)
P:うん。
兄:さて、どうすか皆さんは、今年に入って。
P:何をやろうかねぇ。
兄:いやいや、もう2月も下旬になりますけど?
P:まだ決めてません。
兄:私は今年の目標が「健康」だったけど、もういきなりダメですから。
あ:オレは「痩せる」だから、頑張ってる。
兄:あー、「太る」だったんだけど、ここんとこ一気に痩せたなぁ。
P:そうなの?
あ:倒れてたからな。
P:あ、そうか。
兄:ずーっと寝てて、ゼリー状のものばっか食ってました。ホントに人間って、寝れるね、ずーっと。
あ:電話しても出ないしさぁ。
兄:んで、パソコンも壊れちゃってさ。そういえばあさPのパソコンは、その後どうしたの? HDD壊れて、新しいの買ったんでしょ?
P:500GBの買って、まだ取り付けてない。今日やろうと思ってる。
兄:そーそーそー、500GBのHDDを昨日買ったんだけどさ、安いのね。あさPさんはいくらだった?
P:1万円ちょっとだった。
兄:オレ、9980円だった。
P:やすっ!
あ:そんな感じだよね。ホントに安いよ、最近。
兄:フォーマットに時間かかるね、さすがに。1時間ぐらいかかってた。
あ:オレも1テラの買ったんだけど、すげー時間かかった。
P:テラ(笑)
兄:すげー時代だよなぁ。
P:んでね、HDD買うときに、お店の人にパソコンの型番言って「このHDDは取り付けられますか?」って聞いたら「やってみたら分かんないですねー」って言われた。
兄:素晴らしい。
あ:いい回答だ。責任転嫁できるいい回答だ。
P:「今、どれぐらいのHDDなんですか?」って言われたから「80GBです」って答えたら「んじゃ80GBしか認識しないかも知れないですねー」って。
あ:それはないだろ!
兄:BIOSの認識の壁があるかも知れないけど、もうちょっと上だよな、多分。
あ:接続、ATAだっけ? あ、IDEだっけ。
P:うん、IDE。
兄:ちゃんとIDEの買った?
P:うん(笑)
兄:って、IDEで500GBでも1万ちょいなんだ。
あ:そんなもんだね。ちょい高い。
兄:んでさ、私のマシン、電源が落ちるようになったんで、マザボの故障だと思って新しいの買って、取り付けるために筐体を空けたのよ。そんとき試しに電源を入れてみたら、CPUファンが回転していないでやんの。
あ:そりゃ止まるわな。
兄:悔しいんで、CPUファンと一緒にHDD買っちゃいました。ということで、マザーボードがいきなり1枚余ってしまいました。
P:新しいのを。
あ:組むしかないな。
兄:そうなんだよなー。光回線も引いたし、サーバを1台組むかなー。
あ:期待してる。

兄:さてここで、面白いメールが来たので紹介します。前から、この毒電波通信をMP3とかで公開してほしいってメールは結構来てたんですよね。
あ:絶対に無理ですけどね。
兄:そんな中「秀晃」さんから。『毒電波通信をみなさんの直筆で載せていただきたいです!』と。
P:直筆って(笑)
あ:書いて、取り込んで、貼り付けろって(笑)
P:やばい、字がきたないのがバレてしまう!
あ:解読不可能になる。てか絶対に読むの大変だろうなー。
兄:この年になるとさ、冠婚葬祭で自分の名前を書く機会があるんだけどさ、ホントに恥ずかしいんだよな、自分の字が。綺麗な字の後だと。自分の名前ぐらいは練習しておけば良かったなと。
P:分かる分かる。私、よく「豪快な文字だね」って言われる。
あ:豪快って。
兄:おい、ペンないかペン。
あ:えーっと、ほい。
兄:はい、んじゃここに好きな言葉でも自分の名前でも書いてください。
P:「あさP」でいい?
兄:それじゃ短いよなぁ。
あ:んじゃこれで。
P:えーっと、涼、宮、ハ、ル、ヒ、の、戸、惑、っと。
兄:ちょうどあった小説のタイトルを書いています。



P:どう?
兄:・・・なんともコメントの難しい字だな。
あ:びっみょー。
兄:別に下手ってわけでもないし、「下手じゃないよ」っていうほどでもないし(笑)
あ:普通。
P:普通かなぁ。
兄:まぁ普通。でも女性らしいかってなったら「豪快」って感想ってのは、分からないでもない。
あ:あー、そうかも。
P:なんかさ、中学高校と丸文字が流行ってたんだけど、あれ、全然書けなくてさ。
あ:書けそうもないなぁ(笑)
兄:ということで、そろそろ終わりますか。次はもう暖かくなってるかなぁ。
あ:そうだといいねぇ。
兄:以上、第88回サポセン毒電波通信でした。
あ:おつかれー。
P:お疲れ様でした。
あ:さて、メシを食うか。
兄:カレーを食いました。
P:いいなぁ。


お名前(必須)

E-Mail(必須:公開はしません)


今回の内容は面白かったですか?
面白かった 普通 いまいち

ご質問、ご意見、感想、取り上げて欲しいテーマなどをどうぞ。


ありがとうございました。




第89回へ  一覧へ  第87回へ