サポセン電波通信


第85回へ  一覧へ  第83回へ

第84回

兄:佐藤琢磨が炎上!
P:炎上した!
あ:ガソリンに点火しただけだよ。
兄:平気なのかこれ。
あ:平気平気。
兄:9月30日。
あ:14時20分。
兄:兄貴と、
あ:あきすてと、
P:あさPの、
兄:大雨の中でF1中継ー。
あ:いえー。
P:うおー。
兄:ということで、サポセン毒電波通信です。富士のサファリパークで・・・
P:さふぁりぱーく!?
あ:ライオンが・・・
兄:レースをしているのを見ながらやっていきたいと思いますが。
P:わけわかんない(笑)
兄:大雨ですね。セーフティカーが速いね。
P:あ、この人、格好いいな。
兄:バトン。好み?
P:遠目から見ると。
あ:バトンは人気ですよ。
兄:っつーことで、いつもの場所からお送りしたいと思います。今日で9月も終わり、明日から10月ですね。
P:早いねー。
兄:いきなり涼しく、というか寒くなりましたけど。
あ:一昨日は暑かったんだけど、昨日から急に。
兄:今日も雨で、寒いです。皆さん体調にはご注意ください。さてあさPさん。
P:はい。
兄:前回、どっかのホテルだかペンションに行くって話をしてたじゃないですか。
P:那須高原。行ってきました。
あ:高いという。
兄:会員権がまず500万円っていう。それについてこんなメールをいただきました。「玉露@東京」さんから。『あさPさんが今度泊まりに行くのってここですか?』ということで、ホテルの名前とかサイトのアドレスとかを送っていただきましたが、ここですか?
P:ここです!
兄:正解です。おめでとうございます。
あ:別に何もないですけど(笑)
兄:そして書くとまずいかも知れないので書けないし(笑) 実際どうでしたか。
P:なんていうか、部屋とか周りの庭とかが、半端じゃなく綺麗で。エクゼクティブな感じで。
兄:セレブリティな感じで。
P:こげ茶色と白と黒を基調にした、すっごく綺麗なところだった。
あ:すげーなー。
P:最初に駐車場に車を置きに行ったんだけど、どこを見ても高級車で、置きづらかった(笑)
兄:場違いっぷりを感じたわけか。女の子だけで4人だっけ?
P:はい、行ってきました。
兄:食事は?
P:朝しか付けなかったんだけど、ビッフェだった。
あ:ビッフェいいなぁ。
P:ビッフェ大好きだよ!
兄:いわゆるバイキング方式?
P:そう。シェフが目の前で、お肉とか目玉焼きを焼いてくれて、お皿に載せてくれて。
兄:生ハムメロンとかあった?
P:あったあった!
兄:うわ、あるんだ!(笑)
あ:さすがだ!
兄:やべぇ、冗談で言ったのに!
P:あとね、目玉焼きがすっごくお洒落だったの! 普通は焼くだけじゃん? 違うの。
あ:どう違うの?
P:野菜、例えばたまねぎとかピーマンを丸くくりぬいて、その中に卵を落として焼くの。
あ:へー。
P:お洒落な感じで目玉焼きが出てくるの! その形に焼かれてるの!
あ:ああ、なるほど。今度やってみようかな。でもピーマンって、かなりでっかくないとダメじゃない?
P:大きかった!
あ:そうなんだ(笑)
兄:想像できないなぁ。
P:「お取りしましょうか?」とかも言われた。
兄:私の頭で、高級な食事ってのを想像して、出てくるのが「生ハムメロン」しかない自分に絶望したね。絶望した!
P:日本食なんかも普通にあるんだけど、それも全部美味しかった。全部美味しかった。
あ:いいなぁ。
兄:良かったですねぇ。ともかく玉露さん、おめでとうございます。
P:おめでとうございます。
兄:ぜひ一度、行ってみてください!
あ:たったの500万円です、まず。
P:たっかいなぁ(笑)
兄:もう行けないね、きっと。
P:あ、でも、なんか別の場所にもあるんだって、施設が全国に。
あ:そうなんだ。
P:それで、また行かないかって誘われたから、ひょっとしたら行くかも。
兄:どうしてそういう人と知り合いになれるのかね。職場が一緒なんだっけ?
P:うん、一緒。
兄:どうしてそういう人が、普通の会社にいるんだろうね。
P:その人の旦那さんのおじさんが、会員権を持っている人なの。
兄:あれか、玉の輿ってやつか!
あ:いいね、それっぽいね。
P:多分そうかも(笑)
兄:んじゃ、その女性の知り合いを紹介してくれないかな。
あ:そこから攻めるのか!
兄:いや待て、その旦那さんの、妹さんを紹介してくれ。
あ:限定かよ!
P:妹いるのかな(笑)

兄:さて、また前回の話ですが、パソコンランキングを発表しましたね。そのことでいろいろお手紙をいただきましたので、あさPさんがおでんを食べている間に紹介したいと思います。
P:熱い。美味しい。
兄:エプソンダイレクトの評価が高いって話題のときに「実際に使っている方、メールください」って募集したところ、多くの方からいただきました。まず「越後屋ポン太」さん。『越後屋家では、嫁共々エプソンダイレクトのユーザーです。コストパフォーマンスの高い機械で、かつ、余計なものが何も無いマシンでしたので気に入ってました』とのこと。
あ:コストパフォーマンスが高い?
兄:良いってことでしょ。『パソコンの知識がそこそこ有り、自作までは行かないがちょっとの故障は自分でパーツ交換できちゃえるような人にはお勧めできます』
P:上級者向けなのかな。
兄:そうだねぇ。「でびー」さんもやはりコストパフォーマンスが良いということで、『あえて不満を挙げるとすると、説明書が比較的薄い上滅多に開かないので、たまに必要になった時に探すのに苦労する』だそうで。
P:それはエプソンダイレクトじゃなくて、使う本人の問題では!
あ:まぁそうだね(笑)
兄:「しまうまねこ」さんから。『確かにあまり不満はないです』
あ:素晴らしい。
兄:『おそらく、余計なものがないので不具合が起きにくいのかもしれません。似たようなメーカーにDELLがありますが、製品の保証面で、エプソンの方が信頼できるのではないでしょうか?』
あ:余計なものがないのはいいね。
兄:『修理も中1〜2日で返却されるというウワサです』
P:はやっ!
兄:『不満点はデザインがことごとくダサいこと』
P:あははははは。
あ:まぁ、デザインはねぇ。
兄:私なんかさ、自宅のパソコンは机の下で、足元に置いてあるから、デサインなんか何にも気にしてないんだけど、やっぱ気になるものなのかな。
P:ね。私、なんでもいいよ。
あ:ノートは別じゃない?
P:あー。持ち歩いて、カフェなんかで使う人は、お洒落なほうがいいかも。
兄:そうか、デスクトップだと関係ないけど、ノートだとそういうのがあるのか。続いて「たまぴよ」さんから。『で、その電話サポートの事で感じたことは、サポータの方の愛想がいい!という事です。とにかく、感じがいいのです』
あ:へー、それはいいね。重要だよ。
兄:『技術力は微妙なところもありますが、親切・丁寧・明るいという印象でした』
P:微妙なんだ(笑)
あ:でもいいんじゃねーの?(笑)
兄:重要ですよ、重要。やっぱね、人間性が重要だよ。しかしたくさんのメールをいただいたんですが、確かにエプソンダイレクトに強い不満を感じている人はいなかったね。みんな高評価。
あ:初心者以外にはオススメってことなのかな。
兄:そうだね。あと、富士通のユーザーの方からもメールをいただきました。「sa_tc. 」さん。『富士通のソフトの多さは異常だと思います』
P:あははははは。
あ:やっぱ異常なんだ(笑)
兄:『初心者向けとはいっても、初心者の見た目からも多すぎて困りました。パソコンは必要最低限でしか使わなかったので、慣れたころには色々削除しましたよ』
あ:いらないのはどんどん削除しましょうってことで。
兄:次に「ひかみー」さん。『富士通の付属ソフトはありすぎます。何でこんなにあるんだ!というものが』
あ:そこまで!
兄:『ハガキ作成ソフトが、なぜか「筆まめ」と「筆王」の2種類。世界の歩き方、ゲーム、レシピ、パソコン入門や声の合成ソフト』
あ:初音ミクか?
兄:違う(笑) 『家庭の医学、ツボマッサージなどなど』
P:すごすぎる!
あ:もうさ、買う前にリストを渡して、必要なのだけ入れさせろって感じだね。
兄:個人的には、ツボマッサージは私のツボに入ったね!
P:いいね! なんだろう、指導してくれるのかな。
兄:いやさぁ、どういうユーザ層を狙ってるんだろうな。おじいちゃんおばあちゃんまでがターゲットなのかな。
あ:幅広いねぇ。
兄:それにしてもなぁ。ハードもさ、最近はメモリはこれぐらいでHDDはこれぐらいでって注文のときに選べるわけだから、ソフトも細かく指定したいよね。
あ:そうだね、いらないソフトの値段を引いてくれって感じだね。
兄:でも実は、これだけソフトを入れているから、値段が下がっているっていう側面もあるんだよね。バンドル品で。
あ:まぁ、富士通を買う人は覚悟してくださいってことかな。
兄:ちなみにさ、パソコン買うときに、必要最低限入ってて欲しいソフトってある?
あ:動画再生ソフト。
兄:それはWindowsMediaPlayerでいいんじゃないの?
あ:えー、見難いじゃん。
兄:逆にさ、他の再生ソフトが入っていることってあるのかな。
あ:メーカー品だと、あるんじゃないの? いろいろと。
兄:そうなのかなぁ。あきちゃんのは、コーデックとかそういう話でしょ?
あ:それも含めて。使いやすいのがいい。
兄:私はofficeがあれば、とりあえずいいんだけど。WordとExcel。
あ:ああ、使うね。
P:使わないなぁ。
兄:え、使わないの? WordとかExcelとか。
P:あ、そうなの。この前初めて気付いたんだけど、友達からメールで、Wordのファイルが添付されてきたの。旅行のお知らせみたいのが。それを開こうとしたら「あ、開けない!」って。
あ:気付くの遅い(笑)
兄:それってソーテックの例のやつだよね。最初からofficeって付いてなかったの?
P:うん、なかった。
兄:そうなんだ。
P:だから、ビューアーをダウンロードして、見た。
あ:まぁそれしかないよなぁ。
兄:私は結構使ってるなぁ。同人誌の原稿をWordで書いてるし、住所録とか簡単な表なんかをExcelで。
あ:オレもコミケの資料を。
P:使わない。作らない。
兄:パソコンで何をしてるんだっけ、今。
P:テレビ見て・・・
兄:んじゃテレビ再生ソフトか。あ、でもそれはキャプチャボードに添付か。
P:うん、そう。あとは、ホームページ見るのとメールぐらい?
兄:全部、Windows標準で大丈夫だな。
P:そう。何か書くときにはメモ帳でいいし(笑)
あ:事足りてるんだ。
兄:そういう意味では・・・欲しいソフトってないのかなぁ。思い付かないもんね。
P:思い付きません。
あ:オレらみたいなのには、必要ないんだよ。
兄:自分でもう持っているか、フリーソフトを使うかだもんなぁ。あとは必要なら買う。
あ:フリーで十分っていうか。便利なのあるもん、フリーソフト。
兄:この季節で思い出すのは、年賀状作成ソフトなんだけど、私らは書かないもんなぁ。
P:私、たまに書いてるけど。パソコンで。
あ:いやー、メールで送るなぁ、パソコンで書くなら。
P:まだアナログの人がいるんだよ。
兄:毎年さ、季節を感じるのが年賀状ソフトの使い方の質問だったんだけどさ、すっかりそういうサポートから離れて久しいので、よく分からんね。今でも多いのかね。
あ:多いだろ。
P:去年、年賀状書いたのって、3枚だけだよ。
兄:私はここ何年も書いてないよ。
あ:オレも。全部メール。
P:そうなの? どんどん書く枚数が少なくなって、ついに3枚なんだけど。
兄:書かないなぁ。
あ:届くのも、ダイレクトメールばっかだからな、年賀状。
P:美容院とか。
兄:んで話を戻すと、私らのようにちょっとパソコンを使っている人間には、元々入っているソフトはあんまりいらないな、と。初心者の方も、買うときにはちゃんと調べましょう。

兄:さて今日の本題。大きなニュースが飛び込んできました。といっても、私が見逃していただけで、結構前の話題なんですが。
あ:どうしましたか。
兄:サポートランキングで去年まで連続で1位だったNECなんですが、なんと11月からサポートが有償になるそうです。
P:おー、ついに。
あ:富士通みたいにするの?
兄:1年目は無料で、2年目から1件2000円とか。
あ:たけぇ!
兄:詳しいニュース記事はこちらをご覧ください。富士通は10件までが無料で、11件目から有料だっけ?
あ:確かそうだね。
兄:マイクロソフトも同じように回数制限だったけど、年数制限なんだね、NECは。面白いのが、特別回線を作るんだってさ。
P:特別回線?
兄:有料会員のみが使える電話番号で、繋がりやすく、対応員のスキルも高いそうな。あと、他社製品の周辺機器のサポートもやるんだってさ。
P:すごいね。そんなに言っちゃっていいの?
兄:いや、メーカーサイトの告知を見たら、小さい文字で「すべてを解決するものではありません」って書いてあった(笑)
P:出た!
あ:さすがだ(笑)
兄:まぁ当然といえば当然なんだけど。しかしなぁ。前からNECや富士通は初心者ユーザが多いことは分かってるから、サポートでお金が取れると判断したんだろうな。ひょっとしたら、他のメーカーも追随するのかな。
あ:どうなんだろうね。NECや富士通だからってのがあるよね。
兄:そうだね、まずユーザーが多いから、お金を出す人が相対的に多いだろうし。んで聞きたいんだけど、有料のサポートで働きたい?
あ:絶対にヤダ。
P:ヤダよー。だってさ、負担大きいじゃん。プレッシャーじゃん。
兄:そうだよなぁ。今まで私らは、無料のサポートで慣れてるし、あと、NECの場合はお客様も無料サポートに慣れてきたわけだから。「お金を払ったんだから、そりゃあすごいサポートをしてくれるんだろう」って心理だよね。
P:やりたくない(笑)
兄:んで逆に、無料のサポートはどんな人がサポートするんだって話にもなるわけじゃん。スキルが低い人ばっかだったら、それはそれで悪い評判になっちゃうし。どう考えても、いい結果にならないと思うんだけど。
P:スタッフどんどんさ、辞めていく人が多くなりそうだよね。
兄:この業界、1年いたらベテランって呼ばれる世界なんだからさ、まず長続きしないと思うんだよね。でも、あさPなんか、現場に行ってるんでしょ?
P:うん、行ってる。
兄:それは有料なんでしょ? ユーザーから見たら。
P:うん、年間での契約になってる。
兄:それも有料サポートじゃん。それは平気なの?
P:コミュニケーション取れるじゃん、実際に会ってるから。
あ:ああ、なるほど。
兄:決まったお客様だから、顔見知りというか、そういう関係になるわけか。
P:だから、電話と違う。
兄:いろんな場所に行くわけじゃないもんね。
P:うん、そのビルの中だけ。
あ:だと全然違うね。
兄:お客様も、なんていうか、優しくなるというか。
P:電話だけだとさ、相手も分からないから、何でも言えるだろうけどさ。
兄:全国から電話してきて、誰かも分からない人からだもんなぁ。電話をする側も、相手がどんな人間だか分からないわけだし。うーん、初心者だと使うのかなぁ、有料サポート。
あ:上級者は自分で解決するもん。電話しないよ。
兄:さらに細分化するってどうよ。上級者向けのさらに高いサポート。
P:絶対にやりたくない(笑)
あ:クレームは別にしようぜ!
兄:「クレームですか? 有料で別の番号に」って言うのか! クレーム1回2000円(笑)
あ:ぎゃはははははははは。
P:好きなだけお話くださいって?(笑)
兄:特にフリーダイヤルだとさ、電話代もかからないから、ずっとしゃべってる人がいるじゃん、クレームで。そういう人を有料の回線に誘導したいね。
あ:「今から回線を変更しますので」って言って、切り替えられないかな。
兄:「10秒20円になります」って電子アナウンスのあとに「はい、どうぞ!」って言ったら、怒鳴られるか切られるかだな(笑)
P:間違いないね(笑)
兄:電話料金だったら、電話会社が儲けるだけか。直接請求できないかなぁ。
あ:それでもいいじゃん、そういう電話が減れば。
兄:人間は、お金が絡むと人間が変わるからなぁ。
P:うんうん。
兄:ということで、NECで有料のサポートをすることになっちゃった人からのメールが欲しいところですが、紹介できないよなぁ(笑)
あ:読めない読めない!
兄:電話をした人のレポートなら平気かな。
あ:それならOK。
兄:お待ちしています。しかしサポートの人には、ご愁傷様としか言いようがないな。
P:私なら辞めるね。
兄:そういう人、多いだろうね。それとも新規でどっかの派遣会社とかに依頼するのかな。
あ:そうじゃない?
P:それだけのスキルがある人だったら、サポートセンターで働かないよね。
兄:うわ、言っちゃったよ。
あ:あーあ、あーあ。
兄:今、サポートセンターの実情というか、給料がどんなもんかが垣間見られたわけですが。前にさ、対応してたら「アンタは給料高いんだろうな!」って言われてさ。実際の給料を言いたかったね。
あ:「あなたのほうが高いですよ」って?
兄:ホントになー。高いと思われてるのかねぇ、世間の同年代の給料相場よりも。

兄:さて、今回はこんなところですかね。もう明日から10月です。さっそく3連休がありますけど、なんか予定はありますか?
P:栗拾い。
あ:すごいなぁ。
兄:ホントにいろいろ行きますね。OLですね。バカンスですね。
P:違うの、すぐそこなの。車で10分ぐらいのところ。
兄:え、この近所にあるの?
P:知り合いの家に。
兄:そうなんだ。んじゃ次回、よかったらその話をまた。あきちゃんは?
あ:同窓会があったんだけど、仕事になっちゃって。
兄:それは残念。
あ:3連休は、一拡、休み、仕事。
P:いちかく?
あ:第一回拡大集会。コミケのスタッフの集会。
兄:私は3連休は予定ないので、実家に帰ったあと、天気が良ければどっかにバイクで行ってくるかも。その翌週はプロレス観戦です。
P:好きだねぇ(笑)
兄:昨日も行ってきました。ラゾーナ川崎の5階で見てきた。
P:え、あんなところにあるの?
あ:5階は行ったことないなぁ。
兄:コナミのスポーツクラブがあって、その隣にイベントホールみたいなのがあるんだよ、ライブハウスみたいなの。そこで。200人ぐらいしか入れないけど。
P:先々週、ラゾーナのビックカメラに行ったら、ソフトバンクのお兄ちゃんが来てて。
兄:お兄ちゃん?
P:握手会だった。
あ:ああ、あのCMに出てる、黒人さんか。
P:そうそう! ヨソウガイの人。
兄:あの人か! すごいなそれは。
P:名刺ももらった。ヨソウガイって書いてあった(笑)
兄:あの人は芸能人なのか?
P:どうなんだろう。
兄:お父さんはいなかったのか、お父さんは。あの犬は。
P:残念ながらいなかった。
兄:お父さんと握手して欲しかったなぁ。しゃべって欲しいよね。
P:「お前にはまだ早い!」って?(笑)
兄:まぁこんな話をしつつ、今回は終わりにします。以上、第84回サポセン毒電波通信でした。
あ:おつかれ。
P:お疲れ様でした。プリン食べていい?
兄:チーズケーキ食べます。
あ:た・べ・ま・し・た!


お名前(必須)

E-Mail(必須:公開はしません)


今回の内容は面白かったですか?
面白かった 普通 いまいち

ご質問、ご意見、感想、取り上げて欲しいテーマなどをどうぞ。


ありがとうございました。




第85回へ  一覧へ  第83回へ