サポセン電波通信


第68回へ  一覧へ  第66回へ

第67回

兄:はっなまっるはっなまっる。
あ:あらあらうふふ。
P:なにそれ(笑)
兄:11月5日。
あ:13時05分。
兄:兄貴と、
あ:はなまるハンバーグと、
P:・・・あさPの、
兄:えーっと、モグモグコンボー。
P:いえーい。
あ:懐かしいな。
兄:あきちゃんがチーズハンバーグ食ってます。
あ:昼飯です。
P:美味しそう。
兄:んじゃ始めましょう。前回は温泉プールでしたけども。
P:楽しかった。
兄:あれから早1ヶ月ですよ。
P:早いね。
兄:すっかり寒くなりました。あのときは暖かかったというか暑かったのにね。
P:そうだよねー、暑かった。
あ:っつーか、さむっ!
兄:風邪が流行ってますから気を付けてくださいね。サポートセンターって乾燥して空気の通りが悪く人が多いので、一気に蔓延しますからね。そっちの職場はどう?
P:風邪ひいてる人がいて、元々人数が少ないのに休んじゃってるから、厳しい。
兄:あー、それが大変だよね。
あ:ウチも休んでる人がいる、確かに。加湿器が欲しい。ないんだよ、いま。
P:ウチにはあるんだけど、私の席まで届かないんだよね。
兄:前の職場だと、あきちゃん専用の加湿器があったね。
あ:あれは良かった。
兄:ということで仕事の話から入りましたけど、私が職に就いてから1ヶ月です。
あ:おめでとう。
P:ぱちぱちぱち。
兄:もう普通に電話取ってます。仕事の内容は企業サポートです。ある特定の企業と、その関係会社からの入電になります。パソコンの種類が決まってて。
P:へー。
兄:というように聞いてたんだけど、実際はその特定の企業が売ったエンドユーザからもかかってくる。要するに、普通の状態。
P:変わらないんだね。
あ:ごちそうさま。
P:はやっ!
兄:あっという間に食い終わってますけども。あのさ、一般のユーザーってお金がかかるとクレームになりやすかったんだけど、企業の人って時間のほうが重要だね、やっぱり。
あ:そうだね。
兄:例えばパソコンの修理でさ、出張が今日の午後とか明日とかなら早いじゃん、普通。でも「それじゃ間に合わないからすぐ来てくれ」って言われるんだよね。それで困っちゃって。
あ:うーん、今いるところは、もっと早いから・・・
兄:あ、そうそう、あきちゃんも新しい職場で働き始めました。
あ:電話取り始めました。
P:おめでとうございます。
兄:どんな感じ?
あ:・・・難しいです。
兄:内容が?
あ:うん、内容が。
兄:やっぱネットワーク系なんかが多いの?
あ:いや全然。トラブルばっか。全部トラブル。
P:それでハード系?
あ:ハード系が多いね。
兄:ハードゲイ?
P:フォーーーーー!!
兄:フォーーーーー!!
あ:・・・うん、そう。
兄:肯定すんなよ! 否定しろよ!
あ:いや面倒くさくなった。
兄:なんでだよ! んで内容としては?
あ:そうだね、動かないとか障害ランプが光ってるとか。OSのログでエラーが出てて「これはなんだ」とか。難しいよ。
兄:へー。ということで、あきちゃんの仕事は、どちらかというと難しい系のサポート。
あ:そうだね。
兄:私のほうは、内容は簡単です。
P:簡単なんだ。
兄:簡単というか、単純。明らかに壊れてるので修理とか、簡単なOS上の操作とか。電話の本数自体も少ないし。
P:え、1日どれくらい?
兄:多くて20本とか。あきちゃんとこは?
あ:うーん、ひとりに換算すると15本とか。
兄:あさPさんとこは?
P:えーっと、6本とか(笑) 多くて10本ぐらい。
あ:社内だとそんなもんだよ。
兄:そんな感じで、私とあきちゃんが働き出したわけですが、その一方であさPさんは。
P:はい、今年いっぱいで辞めます。
兄:おめでとうございます。
あ:なんだかなぁ。
兄:理由は?
P:ヒマだから。
あ:分かる分かる。
兄:やりがいがね。私の職場も1時間ぐらい電話がかかってこなくて、ぼーっとしているときがあるんだけど、ふと「この職場で必要とされてるのかなぁ」って思うことがある。
P:うんうん、必要とされてないんじゃないかって。
兄:あきちゃんとこは、ヒマな時間ってないの?
あ:たまにはあるけど、10分とか15分とかかな。
兄:今までの職場が、もう電話が押し寄せてきてたからねー。
P:もう、取って切って取って切って(笑)
あ:今までの職場が凄すぎたんだよ。
P:そっかぁ。
兄:うん、確かに「こういうのが普通のサポートなのかー」って思い始めてる。
P:でも、ヒマすぎて疲れる。
あ:寝ちゃうね。
P:寝ちゃう寝ちゃう。カクッて。それでさ、もうちょっと年取ってこれぐらいだったらいいかも知れないんだけどさぁ。
兄:まだ若いし(笑)
P:うん、まだ今は、他の場所に行ってみようかなって。
あ:ありだね。
兄:それで、次の職場は決まってるんですか?
P:決まってます。1月から行きます。
兄:どんなとこなの?
P:オンサイトー。
兄:えーっと、常駐型のサポート? 客先で電話サポート?
P:ううん、直接行って、ハードもソフトも。
兄:へー、そうなんだ。
あ:客先常駐でもいろいろあるからね。
P:まだ新しいプロジェクトなんで、勤務先も決まってないの(笑)
あ:そんなもんそんなもん。
兄:そんなもんなのか? んじゃ「職場は九州です」って言われたらどうするの?
P:それは大変だ!(笑)
あ:いきなり遠すぎだな(笑)
P:だったらせめて、沖縄のほうがいいな!
兄:沖縄なー、大変だろー。食事はみんなゴーヤなんでしょ?
あ:いやいやいや。
P:そんなバカな(笑)
兄:すいません、行ったこともないので偏った知識です。あとはなんだ、道歩くとシーサーだらけなんでしょ?
P:うん。
あ:そうらしいね。
兄:そうなのか! 冗談だったのに。
P:一度沖縄に行ったときに、毎日、ちんすこう食べてた。栄養源はちんすこう(笑)
兄:なんだかなぁ。んじゃ、新しい職場が決まったら教えてください。
P:はい。
兄:三者三様、働き出す人もいれば・・・てか、サポート以外の仕事をしようとは思わなかったの?
P:うーん、何ができるかなーって考えてたら・・・
兄:ウェイトレスとか言ってなかった?
P:それはアルバイト感覚でやりたいんだよね。
あ:仕事の決まってない合間とかにか。
P:そうそう。
兄:本職としてはサポート、と。
P:うん、やっぱり。

兄:では今日のテーマ。「elthy」さんからいただきました。『食欲の秋ということで「サポセンにおける食事について」取り上げて欲しいです。サポートセンターってあんまり田舎にないですし、食事代高くついてないでしょうか』。サポートセンターって、すっげー都会にあるか、地価なんかの安い地方にあるか、どっちかが多いと思います。
あ:そうだね。
兄:いま私のいる職場は、どっちかと言えば都会側だけどやや地方。
あ:オレんとこも都会側になるのかな。駅の目の前だし。
P:めちゃくちゃ都会。
兄:あさPさんとこは六本木ヒルズだしなぁ。食堂あるの?
P:ない。
あ:社食はないけど、食うところはいくらでも。
兄:私のところは社食あるので、いつもそこ。周りにあんまりないな。
あ:地下に長崎ちゃんぽんあるよ!
兄:うわははは、リンガーハット?
あ:そそそ。あとサイゼリアもある。
兄:なるほど、そういう環境なのね。
P:隣にカフェがある。
兄:ファミレスで食ったりするわけ?
あ:いや、オレは普通の飲み屋のランチ食ってるけど。
P:あとコンビニ。
あ:あー、コンビニもあるね。
P:それと、すっごく美味しいパン屋さんがあって、そこに行ったり。
兄:いくらぐらいかかってる?
あ:500円。ランチだから。
P:私も500円から600円ぐらい。
兄:やっぱ結構かかってるね。私は社食で300円ぐらい。
P:やすっ。
あ:長崎ちゃんぽん399円の場合もある。
兄:あのね、今の社食がさ、なかなかのラインナップでね。定番のラーメンとかカレーから、定食メニューまで。でも定食の量が多いのよ。
あ:あー、多いよね、結構。
兄:私にとっては多すぎるんで、ラーメンとカレーを食ってます。300円なのでなかなか。
あ:普通のも食っとけ。
兄:んで、あきちゃんはどんなの食ってるの?
あ:いや、その飲み屋のランチが日替わりだから。すっげー変わるんだ。トリカラになったりチキンソテーになったり野菜炒めになったり。
兄:んじゃ、そこだけで毎日いけるんだ。
あ:十分いける。んで、ご飯を大盛りにできるし。一品あって、漬物、汁物、小皿で500円。
P:いいねー。
兄:かえってそういう風に、都会だけどオフィス街ってところは安いのかも知れないね。
あ:そうだと思うよ。競争激しいんでしょ。
兄:あさPさんとこは、さすがに高いか。
P:高いねー。
あ:そりゃそうだろ、六本木は。
兄:まず地価が違うもんな。なに食べてるの?
P:コンビニで買ってきちゃう。おにぎりとかサラダとか、デザート系とか。
あ:そういう風になっちゃうんだろうね。
兄:あれ、好き嫌いあるんだっけ。あきちゃんは生魚がダメなんだよね。
あ:ダメだね。
兄:好きな食べ物は?
あ:肉。
P:やっぱり(笑)
兄:お約束すぎる。あさPさんは?
P:キャベツ(笑)
あ:あのね、キャベツってのが未だに分かんないんだよね! キャベツにマヨネーズなんでしょ?
P:美味しいじゃん!
あ:いやそれは分かるんだけど(笑)
P:あ、でもね、最近ね、会社の人に「うまたれ」っていうドレッシングみたいのを教えてもらってね、それが美味しいの。
兄:どんなの?
P:ポン酢みたいのなんだけど、どっかのお店で出しているタレが美味しいってことで販売してて、それをもらったんだけど美味しいの。
あ:キャベツ用なの?
P:そうそう。
兄:そういえば前にもこんな話したっけ。
あ:したような気もするけど。
兄:ま、いいか。嫌いな食べ物は?
P:ピーマン(笑)
あ:オレ、ピーマン大好きだけどなぁ。
P:あとキュウリ。トマトも。
あ:キュウリは普通。トマトはあんま好きじゃないなぁ。
P:トマトはね、生は嫌いなの。加工されているものは好きなの。
あ:ミートソースとか?
P:うん、トマトソースとか。
兄:種の部分が苦手っていう人、多いよね。
P:そうそうそう!
あ:あれが苦手。
兄:やっぱりみんなそうなのか。
P:あれ嫌い。いらない。
兄:私の母親、トマトの皮が苦手なんだよ。だから夕食んとき、一人分だけトマトの皮がむかれてたもんです。好き嫌いのない人なんだけど、トマトの皮だけはダメらしい。
あ:へー。
兄:私の好きな食べ物は萩の月です。
あ:普通のでお願いします。
兄:普通のは・・・ないなぁ。
あ:食べること自体に、あんまりねぇ。
兄:食わないでいられるなら、食わないね、多分。
P:あ、キャベツの次に好きなのが、栗。
あ:んじゃこの季節いいじゃん。
P:うん。今朝も甘栗食べてきた。
兄:むいちゃってあるやつ?
P:あるやつ(笑)
兄:私の嫌いな食べ物は、いちご味のものと納豆です。
P:あー、納豆ヤダ。
兄:あのさー、今の職場の社食に納豆があってさぁ、昨日、4人座れるテーブルの壁際でラーメン食べてたら、そこに3人組が来てさ。混んでたんで相席になったんだけど、全員納豆持ってるのよ!
P:うわー。
兄:もう一瞬で・・・あ、納豆食う?
P:食べない。
あ:あんま食べない。
兄:誰かに聞きたかったんだけど、あれは儀式なのか? 3人とも、まず納豆を器に移して、無言でぐちゅぐちゅかき混ぜ始めてさ。
あ:まぁそうだね。
兄:それからご飯にかけて、醤油かけてカラシ入れて。
あ:カラシは人によるね。
兄:んで、そのご飯をまたぐちゅぐちゅかき混ぜて。
P:えー、気持ち悪いー。
兄:そこまで3分ぐらいかかってんのよ! そこまで時間をかけても食べたいものなのかね、納豆って。
あ:納豆は粘り気を出さないと。
兄:うーん、そこまでやるかっていうぐらい真剣にやってたもんだからさぁ。
あ:オレの場合、ご飯にかける前に納豆に醤油入れてかき混ぜるかな。人によるよ、結構。
兄:んでさ、どんどん納豆の匂いが濃くなって、囲まれていったさ(笑)
P:つらい(笑)
兄:でも一番思ったのは、貴重な昼休みを、その行為に費やしてまで食べたいものなのかなーって。
あ:まぁ、分からないでもない。
兄:あと、ずーっと無言だったのにも、なんだかなーって。
P:真剣になっちゃうんじゃないの?(笑)
兄:そうなんかなぁ。楽しいのかも知れない、実は。あ、間食は? 間食というか、仕事しながらなんか口にしてる? 飴とか。
あ:あー、全然しなくなった。
兄:私は相変わらず、飴とフリスク。眠くなったらフリスク一気食い。
P:普通にお菓子食べてる。
あ:考えてみたら、今の職場、何か食べてる人っていないなぁ。
兄:飴なんかも?
あ:うん、全然いない。
兄:この前、電話かかってこなくて油断してて、フリスク3粒ぐらい口に入れた瞬間にかかってきて、一気に噛み砕いて電話に出て、大変なことになった(笑)
P:あー、この前、飲み込んじゃって苦しかった。ずーっとノドの下のところがスースーしてた。
あ:わはははは。
兄:そんなわけで昼飯の話でしたけど、わりと固定してるって感じかな。
あ:そうだね。今はその飲み屋か、長崎ちゃんぽんか、松屋。
兄:昼休みって何してる? 寝てる?
あ:うーん、その飲み屋って混んでるから、45分ぐらいかかっちゃうんだよね。
兄:そうなんだ。いやさー、貴重な昼休みを昼飯に使いたくないんだよね、私は。
P:いらないの?
兄:食べないとお腹が鳴るので食べるけど、短ければ短いほどいいなぁ。
あ:オレは食べることが好きだからなぁ。
兄:10分使いたくないなぁ。どれぐらい使ってる?
P:食べるの遅いから、40分ぐらい使ってる。
あ:やっぱそれぐらいだよ、普通に食べると。
P:あとはしゃべってる。
兄:それが普通の昼休みかぁ。ということで皆さん、食のバランスを考えましょう。
あ:兄貴が言うなよ!

兄:あ、そうそう。「北の大地」さんからこんなメールが。『「あさPのSOTEC日記」を楽しく拝見していますが、黒地に青文字ではコントラストが低いため非常に読みにくくて困っています』
P:読みにくい?
兄:やっぱ色合いかな。
あ:あれって自分で設定できるの?
P:できるよ。
兄:まぁ、普通に白地に黒とか黒地に白にしたら?
P:では、そうします。

注:すでに変更済みです。

兄:今回はこんなところで。あー、もう11月ですね。
P:早いねー。
兄:あと2ヶ月でコミケですよ。
あ:・・・・・はぁ。
兄:あ、疲れてる疲れてる(笑)
あ:いろいろあるんですよ。
兄:あきちゃん、休めるの?
あ:休みは取るけど。
兄:がんばれ。ま、受かったら本を出します。頑張ります。なんかネタない?
あ:今の職場はなさそうだなぁ。
兄:久しぶりに家族ネタになるかも。では終わりますか。以上、第67回サポセン毒電波通信でした。
あ:おつー。
P:おつかれさまー。
兄:翠星石で。
あ:なのはたんで。
P:最後まで分かりません(笑)


お名前(必須)

E-Mail(必須:公開はしません)


今回の内容は面白かったですか?
面白かった 普通 いまいち

ご質問、ご意見、感想、取り上げて欲しいテーマなどをどうぞ。


ありがとうございました。




第68回へ  一覧へ  第66回へ