サポセン電波通信


第58回へ  一覧へ  第56回へ

第57回

兄:石がー、石がー。
あ:・・・・・。
P:・・・・・。
兄:3月6日。
あ:13時31分。
兄:兄貴と、
あ:あきすてと、
P:あさPの、
兄:サポセン毒電波通信ー。
あ:いえーい。
P:ぱちぱちぱち。
兄:そんなわけで、尿管結石やっちゃいました。すっげー痛かったっす。
P:大丈夫だったの?
兄:無理無理。生涯2回目の救急車でした。痛くて動けないってのは初めてだったね。あきちゃんも経験者なわけですが。
あ:オレ、2回やってるからね。1回やると大体分かるんで、2回目のときは「あー、石だな」と思って、さっさと車呼んだ。
P:あれって、1回なるとクセになるんだって?
兄:クセになるっつーか、いくつかできて、そのうちひとつが落ちてきたわけで、ひとつ出てきたってことは他にもできてるってことらしい。予備軍が溜まってるってこと。
P:あー、なるほど。
兄:間違いなくまだあるらしいので憂鬱です。最近、病気かかった?
あ:ない。
P:ないですー。
あ:インフルエンザも、周りでは流行ったんだけど大丈夫だったなぁ。
P:会社でインフルエンザの人がいっぱいいたんだけど、平気だった。
兄:なによりです。んで石だけどね、やっぱり食生活らしいですよ。
あ:だろうなぁ。まず水分。
兄:うん、寝る前なんかには飲むようにって。あとは和食中心にして、食べた後すぐ寝ないようにって。
P:そうなんだ。
兄:今後気を付けるわ。最近、オレンジジュースを飲むようになったね。100%の。
あ:なんか健康的だ。
兄:少しずつ改善していく所存。コンビニ弁当生活は変わらないんだけど。
あ:なんだかなぁ。

兄:さて、今回のテーマというかニュースですが、あきすてさん退職おめでとう記念大会です。
P:おめでとうございます。
あ:ありがとうございます。
兄:何年やってたんだっけ?
あ:5年目。
兄:長かったよなぁ、考えてみれば。
P:私が5年半。
兄:私もそんぐらい。この3人は比較的長いほうだと思うよ。
あ:そうだねぇ、みんなごろごろ辞めていくし。
兄:普通のサポートセンターと呼ばれる職場は、年間退職率が100%超えるんだよ。前にも言ったと思うけど、アメリカのサポートセンターでは退職率60%でも優良企業だっていうんだから。
あ:1年間で入れ替わっているような状態かぁ。
兄:もちろん長く勤めている人もいるわけだけど。まぁサポートセンターって基本的に派遣社員、契約社員、さらにはバイトやパートが多いわけで。半年ぐらいで辞める人もいるし、研修中に辞める人も少なくないんだよね。
あ:正社員ってところは少ないよなぁ。
兄:んじゃ、そういう状態がいいのか悪いのかっていったら、いいわけないんだよね。質が上がらないし。でも長いと・・・いろいろ問題がな。
あ:飽きてくるんだよ!
兄:質的には上がってくるんだけど、人間としての対応としては下がったりするんだよ。慣れでやっちゃったり。もちろん全員が全員、そうってわけじゃないけどさ。
P:あ、いま別の会社に働いている友達から聞いたんだけど、その会社ってね、友達を紹介すると、その人に5万円入るんだって。
兄:5万円!?
あ:それはでかいな。
P:さらにね、その友達が1年間働くと、紹介した人にさらにいくらか入るんだって。これってすごいよね。
兄:そこまで困ってるのかって思っちゃうなぁ。そういう意味で、やっぱろ「1年間」ってのがひとつの目安になってるのかも。
あ:そうかもなぁ。
兄:経営側からすると、教育して現場に出して定着して欲しいのに、辞めちゃう。そうするとまた募集媒体に金を出して教育に金を出してってことになる。悪い回転になるんだよね。これをどうやって止めるかってことになるんだけど・・・
あ:なかなか難しいね、この業界は。
兄:んじゃ、なんで辞めちゃうんだろう、1年ぐらいで、というのが今日のテーマ。
あ:・・・つまんねぇ!
兄:うわー! うわー!
P:あははははははは。
兄:言い切っちゃったよ、この人。楽しいじゃん!
あ:最初ほどじゃなくなってくるんだよ。
兄:まぁ新鮮さはなくなるだろうけどさぁ。
あ:同じことの繰り返しじゃん、基本的に。
兄:んじゃ1年ぐらいで質問が一通り回って、飽きてくるのが1年経過ぐらいなのかね。
あ:どうなのかねぇ。つらくなってくるのが1年経ったぐらいかもしれないし。
兄:私みたいに、最前線でやっててからリーダーや教育に行く人もいるわけだけど、全員がなれるわけじゃないし、ずーっと最前線はキツいんだろうな。
P:リフレッシュが必要だよ!
兄:別の部署に異動したり?
P:うん。
兄:しかし、そういう意味ではよくやったよな、5年も。なんでやれたんだろう。そこに何か秘密があるんでは!
あ:なんだろうねぇ(笑)
P:私はユーザーに恵まれた。結構面白い人が多かったから。
あ:オレは・・・惰性かなぁ・・・
兄:惰性で5年かよ!
あ:あー、周りのメンバーが良かったな。人が。
P:あ、それがあるよね。
兄:周りがどんどん辞めていったら、オレもそろそろって思っちゃうもんな。
あ:取り残されるように思っちゃったら、なぁ。
兄:サポートセンターの管理者の中には、対応員は完全に消耗品であると。乾電池みたいなものなので、使い切ったら入れ替えるだけだって考えている人もいるわけで。
あ:そうだろうねぇ。
兄:逆にさっき言ったように、できるだけ固定させたいって思っている管理者っつーか経営者もいるんだけど、それにしちゃあツラい仕事だよね。
あ:続かないって!
P:特典が欲しいよね。
兄:特典!?
あ:どんなよ(笑)
P:1年間働くとご褒美がもらえる、みたいな(笑)
兄:あー、それが普通の会社だと思うんだけどね。昇給じゃん、それって。でも、多分普通の人が思っているほど、サポートセンターの給料って良くないからね。
あ:だよなぁ。
兄:お客様に「あんた、給料いいんだろうねぇ」って言われたときには思わず「いや、そんなことないっすよ!」って言いたくなるもんな。他の会社の人とも何度か話したけど、給料は似たようなもんだったから、ウチだけが安いわけじゃないみたいだし。っつーかむしろウチで高いほうだったからなぁ。
あ:安いところはとことん安いよね。
兄:たまに高いところもあるけど。
あ:それはまた特別なところだよな。
兄:メーカーのサポートだと、安いね。んであきちゃんは、この業界に入ってよかったことはあったかい。
あ:まぁそりゃあ、パソコンの知識は上がったね。
兄:上がった?
あ:上がった上がった。オレ、元々OSの知識が何にもなかったから。
兄:そうなんだ。
あ:オレのやってたのはあくまでプログラミングで、OSの知識は全くなかったんだよ。OSを起動して、特定のアプリを起動して、その中で操作をしていただけだから。
兄:なるほどなー。
あ:その当時に比べれば、インターフェースとかドライバとか、全部じゃないけど詳しくなった。
兄:勉強になったわけね。
あ:勉強になった。
兄:私なんかは、特定のマシンの特定の環境での特定の不具合とかばっか詳しくなって、パソコンそのものには詳しくなってないような気がするよ。局地的な知識というか。
あ:オレはサポートセンターとして入ったのはこの会社が初めてだからさ。兄貴みたいに渡り歩いてたら別なんだろうな。
兄:ああ、最初に入った会社では、確かにOSの知識から勉強した気がする。
P:私、入ったときはコントロールパネルすら知らなかったし。インターネットしかやったことなかったから。だから勉強になったよ。
兄:そかそか。
P:あと勉強になったのはね、口先(笑)
あ:あー、それは上手くなった(笑)
兄:人との会話スキルは、間違いなく伸びるね。
あ:間違いないね。
兄:頭の回転も早くなる気がする。
P:この前さ、会社に我がままなユーザーから電話があって、電話受けた人が困ってたから「んじゃ代わるよ」って代わって。
兄:おお!
P:そしたらすんなり終わっちゃって、その後に「どうやって言いくるめたの?」って聞かれた(笑)
あ:わはははははははは。
兄:言いくるめ方だよね。
あ:そうだよなー。
兄:あー、言いくるめるっていう表現がすごく悪く聞こえるかも知れないけど、実際は、提示をして納得してもらうってことなんだよね。
あ:そうそう、無理やりってわけじゃない。
兄:このサイトを作った当初に使っていた「撃墜」というものじゃなくて、相手がとんがっている状態をどうやって丸くしていくかっていう話術だね。
あ:上手くなったと思うよ、実際。
兄:あ、あと、クレームの付け方は上手くなったと思うわ(笑)
P:あー(笑)
あ:相手の痛いところは分かってるからね。
P:クレームに動じないってのも。
兄:あ、逆にそれもあるか。度胸は付いたな。さてあきちゃん、今後の予定は?
あ:やっぱりサポート関係になると思うけど、エンドユーザー向けになるかどうかだねぇ。社内か法人か、ネットワークか。
兄:あのね、サポートやってた人間はね、イヤだイヤだって思いながら辞めるんだけど、結局戻って来るんだよ。
P:絶対サポートだよね。
兄:魅力はあるもんなぁ、なんだかんだ言って。まぁ私も、多分そういう方面になるだろうしなぁ。
あ:サイト更新しないといけないしな!
兄:うむ(笑) 以上、あきすてさん退職記念でした。

兄:さて、あさP。ライブカメラはどうっすか。
P:あのね、一応映るんだけど、ライブカメラとして設定すると「プロキシエラー」って出ちゃうの。
あ:来た! 来た!
兄:んじゃ、それをちゃんと動かすようにするっていうのが次回までの目標で。
P:頑張ります。
兄:ダメだったらサポートセンターに電話してください。
あ:プロキシエラーだったら、プロバイダに電話すりゃいいんじゃないの?
兄:だから、そこをあえてソーテックに電話するんだよ!
あ:なるほど、そうか!(笑)
兄:「プロバイダに電話しましたか?」って聞かれたら「いや、その前に切り分けてください」って言って、舌打ちされたりとか、そういう感じでよろしく(笑)
あ:ぎゃははははははははは。
P:分かりました!
兄:さて今回は、更新ペースと長さについてのアンケートをお願いしたいと思います。どしどし意見をお願いします。ということで、第57回サポセン毒電波通信でした。
あ:おつー。
P:おつかれさまー。
あ:パンヤー!
兄:大航海!
P:パイの実、おいしい。


お名前(必須)

E-Mail(必須:公開はしません)


今回の内容は面白かったですか?
面白かった 普通 いまいち

毒電波通信の更新ペースと長さについて、どれがいいと思いますか? (なお、今回の長さは「やや短め」です)
極端に短くていいので毎日
やや短くてもいいから毎週
2週間に1回ぐらいで普通の長さ
月に1回で長め
ネタがあったときでいい

ご質問、ご意見、感想、取り上げて欲しいテーマなどをどうぞ。


ありがとうございました。




第58回へ  一覧へ  第56回へ