サポセン電波通信


第50回へ  一覧へ  第48回へ

第49回

兄:プーロン茶。
P:伊右衛門。
あ:C2!
兄:6月13日。
あ:17時52分。
兄:兄貴と、
あ:あきすてと、
P:あさPの、
兄:サポセン毒電波通信ー。
P:でにーずー。
あ:またかよ。
兄:結構明るいですね、今日は。
あ:珍しく時間が早い。
兄:今日はみんな休みってことで、早めに集まってやっております。よろしくお願いします。
あ:はい。
兄:ちなみに、おやまさんは都合が合わず今回も欠席で。
P:残念です。
兄:んで噂のC2ですが、飲みましたか。
あ:冷蔵庫に入ってます。
兄:まだ飲んでないのね。
P:会社の人、飲んでたよ。
兄:そーそー、会社の自販機が、発売の3日前ぐらいから「3日前!」「2日前!」とか貼ってあって。
P:カウントダウンしてるのね。
兄:あれ大変だよなぁ。あきちゃんも見た?
あ:いや、オレ、会社にいなかったから・・・
兄:あ、そうですね。なんで今回の収録が遅れたのか、あきちゃんから説明をしてもらいましょう。
あ:すいません。
兄:えっと、入院はしてないんだっけ。
あ:入院の一歩手前まで。っていうか、今年はヤバイって。ホントに。
兄:では、あきちゃんの病名をアンケートで(笑)
あ:またかよ!
兄:もういいか。んで、今回はなんだったんですか。
あ:また結石で・・・
P:すごいね。
兄:それがさぁ、あきちゃんが結石で倒れた次の日あたりに、私が教育やってる新人も結石になっちゃってしばらく休んだのよ。
P:うそー。
あ:んで電話かかってきてさ、「うつしただろ」ってうつるわけないだろ!
兄:絶対感染だって(笑)
P:流行ってるのかな。
あ:うつらないっつーの!(笑)
兄:そんなわけで、ちょっと遅れ気味で収録しております。
あ:そんなことよりC2だよ。タダでもらえるんだぞ。
兄:へ? どうやって?
あ:えっとね、Cモードっていうのが付いてる自販機があって、携帯であるサイトに行ってバーコードみたいなのを出して、それをその自販機に近づけると1本もらえる。
兄:え、んじゃ自販機にモニターみたいなのがついてるの?
あ:そーそーそー。
P:どこにあるの?
あ:オレが見たのは秋葉原。渋谷でも見かけた。こっちに来て探したんだけど、無いんだよ。もう一本もらおうとしたんだけど。
兄:それは携帯じゃなきゃダメなのかな。印刷したのじゃダメなのかな。
あ:さぁ。やったことないから。
兄:私のPHSじゃなぁ。ま、タブクリアを超える伝説を残して欲しいものですな。美味しいんかね。
あ:飲んだ人の感想を聞くと、不味い、と(笑)
兄:だめじゃん(笑) でも、コーラの新しいのって結構出たけど、美味かったためしがないもんな。
あ:あ、でも、ダイエットコーラよりはマシだってさ。あれはクソ不味いけど、C2はちょっと不味いって。
P:不味いことには変わらないんだ。
兄:なんだかなぁ。さて、前回、謎の食堂「あさP」の話をしましたね。
P:見つからなかった。
あ:いろいろ探してみたけど、ダメだったね。
P:「あさ吉食堂」とかはあったけど。
あ:どうやって探したんだよ(笑)
兄:検索サイトでも見つかりませんでしたね。んで、発見者「アニメお化け」さんから追加情報です。『確かその店は、神奈川県と静岡県の境目にあったと思います。小さい店で屋根が水色で、看板には「あさP」と書いてあったので見つかると思います』
あ:見つかんねーよ!
兄:見つかんねーよ!
あ:はい、総ツッコミ(笑)
兄:神奈川県と静岡県の境目って、どこなんだ、と(笑)
あ:めちゃくちゃ広いよね、境目って。
P:幅広いね。
兄:これはねぇ、「あさP」という名の食堂をやっている人から直接情報をもらわないとダメですよ。
あ:ああ、「私の店です」と。
兄:はい。ぜひ招待してください。
あ:そうしたら行くか。
兄:行くしかないだろう。
あ:というか、むしろ作ってください。
兄:何をだよ。食堂をかよ! あ、そうか。全国の食堂を経営している皆さん。「あさP」に改名してもいいって方を募集します。
P:ありえない(笑)
兄:そしたら全国どこでも行きます。私が金出していいから。
あ:いいねぇ。
兄:あ、でも、バイクだよ?
あ:別に構わないよ?
兄:原チャですか?
あ:うむ。あ、北海道と沖縄は勘弁。
兄:そういうわけで、離島の方、ぜひ(笑)
あ:勘弁してください。
兄:次に、やはり前回話題にした「ライブをやってみたいなー」という話ですが、反響大きかったです。びびりました。
あ:ほとんどの人が「行きたい」って。あと、やっぱり「遠いから行けない」って人と「高い」って人が結構いたね。
兄:『5,000円は高いので、せめて4,500円にしてください』って人がいましたが。
あ:変わらないじゃん!
兄:んで「風花」さんは『ホントに公開録音するなら、私、囲碁に名乗りを上げたい』と!
あ:オレ、また勉強し直さないといけないじゃん。
兄:ちょっと今は忙しくなってきてるのですぐには無理ですが、やっぱりこれはやりたいです。やりましょう。秋ぐらいに何とか。
あ:何やるか決めないとね。
兄:囲碁は確定で。
あ:ホンキかよ!
兄:あさPさん、なんかありますか、やりたいこと。100人ぐらいの前で。
P:なんだろうなぁ。
あ:いきなりパソコンを壊すとか。
兄:パソコンが壊れていく状況を生中継?(笑)
あ:あさPならやってくれるに違いない。
P:そんなー。

兄:さて、あさPにいくつか質問が来ていますので、まとめて。
P:はい。
兄:まず「09」さん。ウサギについて。『ウサギの爪切り、ちゃんとしてますか?』
P:あー!
兄:どうした!?
P:あのね、爪切りを買ったの。結果がこれ。
兄:ん? うわぁー!
あ:どした。うわ、結構引っ掻かれてるね。
兄:今、あさPの腕を見ているんですが、傷だらけです。生傷だらけです。
あ:やっぱ結構暴れるんだ。
P:暴れる。
兄:爪切りって、あのハサミみたいなやつ?
P:そうそう。先が丸くなってるの。押さえつけて切ろうとしたんだけど、バタバタバタって。
あ:まぁそうだろうなぁ。
P:それで、後ろ足でキックされた結果がこれ。
兄:やっぱウサギは攻撃力高いんだ。
P:かなり高かった(笑)
兄:それで、切れたの?
P:ダメだった。仕方ないからペットショップに行ったら、1,500円でやってくれるって。
あ:やっぱやってもらったほうがいいんじゃないの?
P:うん、そう思った。
兄:月に何回もってわけじゃないもんねぇ。
P:うまい爪の切り方を知っている方、教えてください。
兄:ぜひ。
P:ウサギをおとなしくさせる方法とかも。
兄:お待ちしております。あと『ウサギって頭悪い? うちのウサギだけ?』とのことですが。
P:うーん、でも、一回怒るともう悪いことやらなくなるよ。
兄:んじゃあ、頭いい子なのかもね。
P:あ、この前、ケーブルかじられた。Bフレッツの。
あ:うわ。
P:壁から出てるやつ。それが面白かったんだけど、工事を終わるまでずっと見てたのね。そしたら、ケーブルの色が前と違ってるの。
兄:ほぉ、色が。
P:そしたら工事の人が「今度は苦い味のケーブルに変えておきました」って。
あ:なんだかなぁ(笑)
兄:え、それはマジで? 冗談で?
P:ホントに。
兄:対ペット用ってこと?
あ:へー、そんなのあるんだ。
P:一回噛んで苦味を知ると、もう噛まなくなるんだって。
兄:へーーー。
あ:やっぱそういうのあるんだね。
兄:とりあえず、噛んでみた?
P:噛まないよー(笑)
兄:だめだよ、そこで噛んで味わってみないと!
あ:どんな味だよ(笑)
兄:でも面白いねぇ、それ。
あ:結構あるんじゃないの? そういう被害が。
兄:ああ、部屋でペット飼う人、結構いるかも知れないしねぇ。
P:あとはネズミとかの対策に。
兄:なるほど。多分、そういう修理をする人も、噛まれたって相談が多いから対策を考えたんだろうな。
あ:でも、苦いのかぁ。
P:うん。それ以来、一度も噛まなくなった。
あ:効果覿面じゃん。
兄:スゴイもんだね。ということで、全国のそういったケーブル工事をしている皆さん、お疲れ様です。
P:助かりました。
兄:あと「りゅ〜りゅ〜」さんから。『バイクをクラッシュで買い換えたことは何回ありますか?』
P:クラッシュ?
兄:まぁ事故とか。
P:立ちゴケとかはあるけど、事故はない。小さい傷とか、ミラーが曲がったりはするけど。
あ:その程度、か。クラッシュは無いんだ。
兄:バイクは平気なのか。やっぱりパソコンに対して破壊属性があるらしいぞ。
あ:電化製品全般じゃないのか?
兄:電子レンジとか壊したらそうなんだろうな(笑)
P:あのね、会社で使ってるパソコンなんだけどね。
あ:お、来た! 来た!
兄:ついに壊したか!
P:マウスを交換したのね。そうしたら、壁紙がスクロールできるようになったの。
兄:・・・は?
あ:おっしゃっている意味がよく分からないんですが。
兄:それって仮想スクリーンじゃなくて?
P:違うの。壁紙なの。
兄:え、スタートボタンの位置は?
P:ちゃんと左下に出てるの。壁紙だけなの。
兄:訳わかんねー(笑)
P:それで会社の上司に聞いたんだけど、「こんなのありえない」って。
兄:謎過ぎる。
P:他の動作に支障はないから、そのまま使ってるんだけど。
あ:壁紙変更しても一緒?
P:一緒なの。動くの。
あ:全然わからん(笑)
兄:面白いから、そのまま使うしか。
P:マウスのせいかなぁ。
兄:いや、使っている人のせいだと思う。
あ:間違いねぇ!

兄:さて、今回のテーマ。「玉露」さんから。『皆さんがサポートの仕事を始めてから今までに「サポートの仕事でこれが一番変わった」と思うものってなんですか? 例えば対応する顧客層が変化してきたとか』。ということで、これについて話していきたいと思います。あきちゃんはこの仕事始めてどれぐらい?
あ:3年半か。
兄:あさPは?
P:6年ぐらい?
兄:私が8年目なわけですが、やっぱりインターネット関係だと思うんですよ。
P:すごく変わったよね。
兄:質問の半分以上がインターネット関係だし。入社面接してるけど、絶対に「インターネットしてますか?」って聞くもん。やってない人はほとんどいないけど、もしいたらまず落とす。
あ:まぁそうだねぇ。
P:ウチの会社には、いるよ。インターネットしてない人。家に電話回線無くて。
兄:それでサポートやってるの?
P:うん。会社でしかやってない。
兄:へー。
あ:まぁそれが全てじゃないんだけど、やってないとなぁ。
兄:ウチみたいなパソコンメーカのサポートは、無理だろうね。
あ:だね。
兄:ウィルスとか、前と全然違うもんな、質が。
あ:ネットに繋げてるだけで感染するしな。
兄:でも、昔のウィルスって破壊活動が主だったんだよね。ファイルが破壊されたりとかOSが起動しなくなったりとか。そういうのは少なくなったよな。
P:再起動したりするけど。
兄:ああ、せいぜいその程度か(笑) そういう意味では、破壊被害は少ないかもしれないけど、感染数とかネットの混雑さとかは昔の比じゃないよな。
あ:それはもう、ね。
兄:あとは迷惑メールとか。
あ:スパムとかなー。ホントに多いよな。最近、タイトルが「ミキです」っていうのが多いよ。あと「ケイコです」と。すっごく多い。
兄:ふたりで頑張ってるのかね、ミキちゃんとケイコちゃん。
あ:かもな(笑)
兄:あ、この前来たスパムメール、件名が「掲示板読みました」なんだよ。普通の感想のメールかと思うじゃん? そしたらアダルトサイトの宣伝メールで。
あ:そう来るか!
兄:びっくりしたよ。いかん話が逸れてる。顧客層の変化でなんかある?
あ:質問の内容ってことなら、今の話になっちゃうけどなぁ。
兄:昔はさぁ、もっと短時間で終わってたような気がするんだよね。最後まで付き合ってくれって人が多くない?
あ:そうかなぁ。
兄:3分とか4分で終わってたような気がするんだけど。
P:確かに短かった。
あ:そういえばそうか。
兄:それが最近は10分以上当たり前じゃん。
あ:それはあれだよ、パソコンにいろんな機能がついてるから、それをひとつずつ見ていかなきゃけないんだよ。以前のパソコンはシンプルだったよ。
兄:確かに今のパソコンは、テレビ見れてDVD見れて有線LANに無線LANに、当たり前だもんな。
あ:そうなんだよ。
兄:んでセキュリティソフトとか。
あ:そういう意味では、すっごく手間がかかる。
兄:顧客層が変わったんじゃなくて、パソコンの性能が変わったことが大きい、と。
あ:そうだね。そっちが大きいと思うよ。
兄:あ、そういえば、そろそろパソコンサポートランキングの季節だっけ。
P:そうなの?
兄:確かそのはず。投票っていうか調査中じゃないのかな。
あ:今年のソーテックはどうなるかねぇ。
兄:ソーテックに追い抜かされるメーカーはあるのかどうか。
P:ソーテックさぁ、会員登録しようと思うんだけど、まだやってないんだよね。
あ:早くやれよ!
P:会員登録の仕方が分からないんだけど。
兄:だからそういうときは!
あ:サポートに電話しろって!
P:そうか!(笑)
兄:そういうのをレポートしないと。
あ:日記に書かないと。
P:分かりました。
兄:決まったね。今度は、あさPがソーテックの会員登録をするまでのドキュメンタリーを一挙放送予定で。
あ:まずは電話だ。
兄:ホームページかなんかで登録できないの?
P:メンバー登録ってボタンを押したんだけど、番号を入れてくださいって言われて、よく分からなくて。
あ:だから、そこから日記に書かないと! 「今日、登録しようとしたけど、番号を入れるように言われて、よく分からなかった。この画面は分かりにくい」とか。
P:なるほどね。
兄:いや、私らはソーテックを応援してるんですよ? 「分かりにくい」とか書いちゃだめじゃん。
あ:そうか!
兄:「初心者には、ちょっとだけ不親切かな?」とか、優しく。
P:言葉を選ばないといけないのか(笑)
兄:ソーテックを応援するサイトとしては。ということで、次回までに登録をしてきてください。
あ:日記に書いてください。
P:分かりました。

兄:あ、そうそう。「るな」さんから面白いメールが届いたんだよ。第9回で、しゃっくりを止める方法って話したことあるじゃん。
あ:あったかもなぁ。
兄:それについてなんだけど、『私がいつもやる方法なんですが、ほんとに面白いくらいよく止まる方法があるので、是非お試し頂きたいと思い、メールしました』
P:ほぉほぉ。
兄:『やりかたはとっても簡単。利き手の手首の脈を少し強めに抑えて、深呼吸を3回。たったこれだけです。時間もかからず、しかもほぼ確実に止まるので、是非やってみて下さい!』とのことです。
P:そうなんだ!
兄:ということで、今すぐしゃっくりを出してくれ。
あ:無理だ(笑)
兄:試すには、まずはそこから。でもこれ本当かなぁ。試したいなぁ。
あ:出すのが難しいな。
兄:そもそもしゃっくりって、1ヶ月に1回出るかどうかだよな。
あ:そうだね。オレ、ここ数ヶ月出てないし。
兄:出せ。
あ:無理だ。
兄:ということで、「しゃっくりを出す方法」を募集。
あ:ぎゃははははははは(笑)
兄:それで、一緒にこの止める方法も試す、と。これだ。
あ:いい考えだ。
兄:まぁ、これを読んでいるときにしゃっくりが出ている人は、試してみて結果を送ってください。また医学関係の方は、医学的に見てどうなのか、教えていただければ幸いです。意味があるのかどうか。
あ:聞きたいねぇ。
P:しゃっくりって、苦しいよね。
兄:そうなんだよ。この前、入社面接の直前に出始めちゃって止まらなくて、すっげぇ苦しかった。笑われたし。恥ずかしかったなぁ。
P:これ、もうちょっと早ければ良かったね。
兄:うん、そのときに知ってれば試したんだけどね(笑)

兄:さて、最後にお知らせ。夏のコミケ受かりました。
あ:頑張れ。
兄:何を作るのか、何も考えてません。
あ:頑張れ。
兄:総集編を作ろうと思ってたんですが・・・とにかく今、仕事が忙しいもんでちょっときついかも。まずは新刊作りたいしなぁ。
あ:もう新刊、16ページぐらいにしたらどうよ。
兄:4ページぐらいじゃダメかな・・・
あ:それはヤバイだろ(笑)
兄:頑張ってみます。さーて、どうしようかなっと。
あ:決めるのは兄貴だしな。
P:応援します。
兄:なんか頼むかも。それともう一個、愉快なお知らせ。テレビに出てきました。
P:テレビ!?
兄:うん。
あ:この前電話したら「ごめん、今からテレビの収録なんであとで電話する!」って言われて。
兄:あのときはホントに直前だったんだよ。いわゆる録画だったんです。出たって訳じゃなくて、電話での出演です。
あ:声だけなんだよね。
兄:うん。よくある、視聴者っていうか素人が電話で参加するやつ。あれ。あんまり大々的に宣伝するのもアレらしいので、ここでこっそり。
あ:出ましたよ、程度で。
兄:番組の概要を。関東では放送されないです。名古屋ローカルで、なんか武将っぽい名前の番組名です。
あ:なんかもう分かりそうだけどな(笑)
兄:小倉優子さんと話してみたりしました。
P:名前は出るの?
兄:いや、「サポートセンター勤務、男性、29歳」としか紹介されません。音声も変わってます。だからホントに、ウチのサイトとは別で出た感じ。
あ:わかんねーだろーなー。
P:関東じゃ見れないのかー。
兄:あ、私のところにビデオを送ってくれるみたいなので、それを貸そうか?
P:お願いします。
あ:ネットで出回ったりしてな。
兄:やめてください、恥ずかしいんで。

兄:そんなわけで、今回はこのへんで。ライブについてとかコミケについての情報は、また決まり次第お知らせします。
あ:お待ちください。
兄:以上、第49回サポセン毒電波通信でした。
あ:おつかれー。
P:おつかれさまー。
兄:ごきげんよう。
あ:ごきげんよう。
P:好きだねー(笑)


お名前(必須)

E-Mail(必須:公開はしません)


今回の内容は面白かったですか?
面白かった 普通 いまいち

ご質問、ご意見、感想、取り上げて欲しいテーマなどをどうぞ。


ありがとうございました。




第50回へ  一覧へ  第48回へ