サポセン電波通信


第46回へ  一覧へ  第44回へ

第45回

あ:ごきげんよう。
兄:ごきげんよう。
P:さようなら。
兄:2月15日。
あ:19時58分。
兄:たこやきと、
あ:・・・ホットカルピスと、
P:グレープフルーツジュースの(笑)
兄:サポセン毒電波通信ー。
あ:新しいな。
兄:私は飲み物はコーラフロートで。
あ:ちげーよ、コーヒーフロートだろ。
兄:あ、そうだった。注文間違えました。
あ:なにやってんだか。
P:でも美味しいんでしょ?
兄:うん、普通に美味しい。
あ:でも危なかったね。ホントは明日収録しようかと思ってたんだけど・・・
兄:うん、なんと明日、この店は休みってことで。ちなみに今日は4番の部屋です。
あ:入口に「明日はお休みです」って貼り紙されててな。
兄:危ないとこでした。では今日も3人で元気良くやっていきたいと思いますが。
P:おやまさんは?
兄:残念ながら都合が合わないということで。
P:えー。今年になって会ってない。
あ:オレも。
兄:すれ違いですね。次回はぜひ。さて最初の話題ですが、携帯サイトの話。始まってから1ヶ月ほど経ちましたが、皆さん見ていただいてますでしょうか。
P:見れない。
あ:見れねーんだよ。
兄:寂しい結果が。やっぱtu-kaとauだけだと少ないのかねぇ。ということで、ボーダフォンの皆様。
P:はい。
兄:3月からボーダフォンもOKに! という話だったのですが、4月1日からになったっぽいです。
P:延びたの?
兄:うん、そうらしい。ということで、もうしばらくお待ちください。結構頑張って書いてるので。ちなみにi-modeの方。
あ:はい。
兄:未定。
あ:なんだよー。
兄:エッヂの方。はい。絶望的。
あ:兄貴は見れないのか。
P:自分で見れないのね(笑)
兄:やっぱボーダフォンを買おうかなぁ。i-modeもなぁ。
あ:i-modeだと、北斗の拳ができるよ!
兄:そうなんだよ。北斗の拳ってパチスロのなんだけど、暇があるとやってるんだよな。
あ:面白いんだよ。
兄:ということで、携帯サイトのほうでも頑張ってますので投稿お待ちしております。
あ:頑張れ。
兄:頑張る。

兄:続きまして、ちょっと大変なメールが届きました。
あ:ほー、どんなん?
兄:投稿とか質問じゃなくて、普通のメールで来たので実名を出すのはさすがにマズイと思うんですが、ちょっと紹介したくて。
あ:可能な部分だけで。
兄:では、ここで3人で公開相談をしたいと思います。メールの内容ですが、まず件名が『ソーテック試してもらえませんか?』
あ:件名からしてもぉ(笑)
兄:では内容を。『絶対サポセン黙示録のあさPさんにお願いがあります』
P:指名だ(笑)
兄:『現在のソーテックの品質とサポートがどんな感じか試してください』
あ:そーくるか!
兄:『あさPさんにソーテックのパソコンを1台差し上げます』
P:太っ腹だ!
兄:『1年ほど使ってみて、感想を週1回か2週に1回ぐらい、私たちのサイトで日記みたいに書いてくれませんか。もちろん日記は趣味の話題などでも構いません』と。
あ:とりあえず使ってみてくれ、と。
兄:『1年経ったら、そのパソコンは煮て食うなり中古で売り飛ばすなりしてください』
P:あははははは。
兄:こんなメールが来ました!
あ:すげーな。
P:この人たちは、こんなことをしてなんの利益があるんだろう。
兄:どーなんだろう。
あ:あさP日記にそんな魅力が!
兄:あのー、普通に考えたら、このメールは怪しげですよ。
あ:さすがになぁ。
兄:普通、パソコンを1台タダであげるってことはないだろう。
P:普通はね。
兄:あとで法外な請求が来るとか、そういうパターンが典型だろう。
P:怖いね(笑)
あ:多分、盗聴器がパソコンに仕掛けられてるんだよ。
P:やばっ!
兄:あさPの私生活がネットで公開!?
P:くだらない会話ばっかだと思うけど。
あ:そうなのか(笑)
P:多分、妹の声のほうがいっぱい入ると思うけど。
兄:え、家だと無口なの?
P:違うの。家に帰ると、妹が私の部屋にいるの。
あ:そうなんだ。
兄:ということで、これなんですが、ちょっと向こうの方と実際にお会いして話をして決めたいなと思ってます。
あ:あさPのやる気次第だけどな。
兄:あ、でも、この人はどこに住んでるのかな。関東ならいいんだけど。
あ:とりあえずメールを。
兄:んで、どーよ、週1回とか2週に1回ぐらい、ソーテック日記書ける?
P:まぁ、それぐらいのペースだったら。
兄:お、わりとやる気があるっぽ。
P:普通の日記でもいいなら(笑)
兄:問題は、受け渡しをどうするかとか。
あ:そうだよなぁ。
兄:連絡取ってみます。そんなわけで、これを読んでいる他の方でも、私たちにパソコンを使って欲しい方は連絡ください。
P:あはははは(笑)
あ:ノートパソコンなんかいいなぁ。
P:あー、ノートいいねぇ。
兄:私、あれがいいな、PSX。
あ:あー。
兄:PSXを使った感想とか、ぼく、得意ですよ。ぜひ。
あ:得意なのか!
兄:なんかアレだな。落語の「まんじゅう怖い」みたいだな。
あ:ああ、ノートパソコン怖いってか。
P:え?
兄:あ、知らない? 「まんじゅうが怖い」って言って、他の人が嫌がらせにまんじゅうをいっぱい持ってくるんだけど、「怖いからみんな食べてしまおう」って食べまくる。
P:食べまくるのか。
兄:それで最後に「お前は本当にまんじゅうが嫌いなのか?」って聞かれて「ここらで一杯のお茶が怖い」っていうオチなんだけど。
P:あはははは、なるほど。
あ:そういうわけで、パソコン怖い。

兄:さて続いて、あさPさんの近況コーナー。
あ:なんか感想でも、あさPの近況が結構好評なんだよな。
P:そうなの?
兄:うん。ということで、最近どうっすか。
P:スノボばっかり行ってる。
あ:よく行ってるよなぁ。
P:この前ね、結構日焼けしちゃったの。ゴーグルしてたんだけど、その下の部分だけ。
兄:いわゆる、パンダになっちゃったのね。
あ:焼きすぎだ。
P:んでね、自分では全然気付かなかったんだけど、会社の人に「焼けたね」って言われて。
あ:だって、今でも結構焼けてるもんな。
兄:赤くなってる。
P:この間なんか、友達に何て言われたと思う?
兄:え? パンダ?
P:カールおじさんみたいだって。
兄:へ? なんで?
P:日焼けがひげみたいだって。
あ:そんなに黒かったのかよ!
P:雪の上だとさらに目立ったらしい。
兄:しかし行きまくってるねぇ。今シーズンは何回行ってるの?
P:え、数えてない。毎週行ってる。
兄:次はいつ?
P:来週。
あ:来週もかよ!
兄:ホントに毎週だねぇ。んじゃ、他になにかあります?
P:さっき、待ち合わせまでの間にゲーセンのUFOキャッチャーやってたのね。それでね、1回200円のあるじゃん。大きいの。
兄:ブルジョア仕様だ。
P:それがね、「2月いっぱい100円」ってなってて、これはやるしかないと思って。
あ:おお、それはやらねば。
兄:せこっ。
P:くまのプーさんとかスヌーピーとかあったんだけど、スヌーピーのほうが取りやすそうだなって思ったのね。
兄:ああ、凹凸があるしね(笑)
P:そうなの。それで、スヌーピーのほうに100円入れてボタン押したら、赤いランプがピーコンピーコンって鳴り出したの!
あ:ぎゃはははは、壊したか!
P:そしたら、周りの人が私のほう見てて。
兄:そりゃそうだ。
P:アームも止まっちゃったし、ボタン押しても反応しないし、店員さんが遠くに居たんだけど叫んで呼ぶわけにもいかないから、手を振って呼んで。
兄:なんだかなぁ。すごいなぁ。
P:それで、店員さんが来て、一回電源落として。「おかしいなぁ」とか言われて。でも5分ぐらい動かなくて。ずーっと待ってた。
兄:結局、動いたの?
P:うん、5分ぐらいで動いた。でも取れなかった。
あ:だめじゃん(笑)
兄:すげーなー。パソコンだけじゃなくUFOキャッチャーもボタンひとつで壊すあさP。
あ:すげー。
P:恥ずかしかった。音まで鳴るとは思わなかった。ピーコンピーコンって。
兄:しかも取れないし。
あ:ネタは取ったけどな。
兄:UFOキャッチャーとか、よくやるの?
P:うん、他のゲームはできないから、UFOキャッチャー。
兄:ゲーセンなぁ。最近行ってないねぇ。
あ:だねぇ。
兄:最後にやったゲームってなんだろう。
あ:オレ、多分メダルゲーだ。
兄:あー、そうかも。以上、あさPさんの近況でした。
あ:他にもUFOキャッチャーを壊したことのある人がいたら、メールください。
兄:あんまりいないと思うけどな(笑)

兄:次は質問にお答えしましょうコーナー。まずは「EARISU」さん。『サポセンの人って太ってる人が多いんですか?』
あ:いや、そうでもないよなぁ。
兄:今ここに3人いますけど、太ってるのはひとりだけ、と。
あ:オレか!
兄:確率33%ですな。
あ:33%です。
P:そんなにあるの!?
あ:違うよ! 確率の話だよ!
兄:へ?
あ:きっとあさPは、体脂肪率のことを言ったと思う。
P:そうそう。33%ってすごいなーって思っちゃった。
あ:すげーボケだ。
兄:ちなみに私の体脂肪率は10%ありません。
P:私、15%ぐらい・・・
兄:よっしゃ、勝った!
あ:オレ、22%だっけな。
兄:え、でも、女性で15%ってすげー少なくない?
P:うん、平均で25%ぐらいだと思った。
あ:だよなぁ。
P:だから、あるべきところに無いんだよっ!!
兄:ぎゃははははははははは!!
あ:そういうことを言っちゃだめだよ!(笑)
兄:死ぬほどの力説をされました。
あ:こぶし握り込んで言われたよ!
兄:んで太ってる人だけど・・・そんなに多くないよなぁ。
あ:そうだね。
兄:極端なのかも知れない。
あ:すげー太ってるか、標準か。
兄:小太りって人は少ないよね。
P:うんうん。
兄:がっしりしてるタイプは少ないよね。
P:筋肉質の人はあんまりいないね。
あ:そういう人はこの職にはあんまり就かないだろう(笑)
兄:パソコン相手だしなぁ。まぁいないわけじゃないけど。体育会系の人もいるし。でも、痩せてる人が多いかな。ひょろっとしたタイプが。
あ:ウチだとそうだね。太ってる人はわりと少ない。
兄:眼鏡は多いけどね。
あ:まぁそれはね。
兄:女性の場合も・・・太ってる人はいないなぁ、ウチは。あさPさんとこは?
P:いない。みんな痩せてる。
兄:ということで、太ってる人は少ないかも知れません。少なくともウチの場合だけですけど。でも前の職場でも少なかったし・・・統計取ってみたいな。
あ:含有率が会社によってどれだけ違うか?
兄:差があったら面白いけどね。さて次の質問は、体重繋がりで「ちえぞ〜」さんからのもの。『兄貴さん同様、うちの主人も「体重60キロ」って目標なんですよ。あと1キロ2キロってところで壁に阻まれるわけですが。あきすてさんの場合、どーやって太ってるんですか? 是非是非、伝授願います』
あ:体質だろうからなぁ。
P:遺伝とかもあるよね。
兄:なんか前に聞いたんだけど、太ってる人は細胞の数が多いらしいぞ。だから、一回痩せても太りやすいんだって。
あ:ほー。
P:脂肪の数が違うのか。
あ:体質だよね。
P:日本人って脂肪の細胞が多いって聞いた。もともと寒い場所の人種だから、脂肪を溜め込むんだって。
兄:なるほどね。
あ:だから、これといって別に。
兄:寝る前に食うとか。
あ:食うときもある。
兄:食べたらすぐ寝るとか。あ、昼とかすぐ寝るよな。
あ:すぐ寝るね。でもみんな寝てるよな。
兄:そうだ! この前、ウチの部署で面接あったんだよ。それで、私が面接に来た人を部署の奥にある部屋に連れて行ったのね。
P:うん。
兄:それで「どうですか、職場の雰囲気は」みたいなこと聞いたのよ。場を和ませるために。そうしたら「びっくりしました」って言われて。
P:何に?
兄:うん、「何にですか?」って聞いたら「寝ている人がいるとは思いませんでした」って言われてさ! 通ってくるまでに、寝てたのってあきちゃんだけなんだよ!
あ:なんだよー! オレだけかよー!
兄:そうなんだよ! しかもあきちゃんがさ、通路側の一番目立つ席で寝てるしさぁ。
あ:仕方ねーじゃん! オレの席なんだし!
兄:恥ずかしかったよ! もうちょっと隠れて寝ようぜ。
P:隠れてって(笑)
あ:みんな寝てるじゃんかよ!
兄:とにかく恥ずかしかった。
あ:オレに言われてもなぁ。
兄:・・・アンタが寝てたからじゃないかよ!
あ:オレかよ!
兄:アンタだよ!
あ:ちぇー。
兄:さて続いて「フェイク」さん。『サポート中に飲むドリンクについて教えてください』。仕事中に飲んでる飲み物ってことだね。あ、あさPさん、最近電話応対ってしてるの?
P:たまぁに。
兄:そか。ノドとか渇くよね。
P:うん。今の職場って、自分の席でお菓子とか食べても大丈夫なの。飲み物も紙コップだし。
兄:こぼしちゃったら大変だね。んで、何飲んでるの?
P:新しいもの(笑)
兄:出たよ、チャレンジャー。
あ:いつもそうだよな。隣の席だったときも、新しいのをとりあえず買ってくるし。
P:んで「まずい」って(笑)
あ:オレに渡されるんだよ!
兄:んで私がもらったり。
P:この前、「チョコバナナシェイク」ってのがあって、わりと美味しかった。
兄:甘ったるそうだなぁ。あきちゃんは爽健美茶だよな。
あ:いや最近は・・・
兄:え!? 違うの!?
あ:最近は水を飲んでる。
P:水?
あ:家だとお茶も飲むけど、会社だと水。
兄:なんで水を。
あ:安いし。110円で天然水を。
兄:安いからか(笑)
あ:いや、それだけじゃないけど。やっぱ水が一番いいのかなって。
兄:ふーん。まぁ新陳代謝は良くなるよな。
あ:ノドにも、刺激が少ないからいいかなって。爽健美茶も飲むけど。
P:最近、甘いのばっか飲んでる。たんぽぽコーヒーとか。
兄:わかんねー。
あ:聞いたこともねーよ!
P:マンゴージュースとか。美味しいよ。
あ:おかしいって。
兄:私はココアかな。インフルエンザや風邪にいいらしいぞ。
あ:へー。
P:ポリフェノールとか?
兄:いや、よくわかんないけど。
あ:ココアは休憩時間に飲むね。
兄:さて最後に「いるかにすと」さん。『得意な料理を1つ以上教えてください。作り方と一緒にお願いします』
あ:料理かぁ。
兄:あきちゃんは料理できるよねぇ。
あ:でも最近は全然。
P:作ってないんだ。
あ:作ってないよ。全然。
兄:んじゃ得意な料理は。
あ:以前で。肉じゃが。
P:ああ、いいねぇ。
兄:作り方は?
あ:作り方はいたって普通だと思うけどなぁ。普通に野菜切って、普通に煮て、普通に、醤油みりん砂糖を入れて。
兄:普通だな。
あ:すげー普通。
兄:他にはなんかないの?
あ:得意料理でしょ? 作るは作るけど、得意ってのはないなぁ。
兄:そうなのか。あさPさんは?
P:聞かないでくれ。
兄:あれ?
あ:あれぇ?
P:兄貴は?
兄:私? 私は弁当作るのが得意だよ。
あ:どういう?
兄:こう、レンジの開け方とか、時間設定とか・・・
P:チーン(笑)
兄:時間とか絶妙ですよ? 100秒推奨の弁当を、これは温まり方がイマイチだからって判断して110秒にしたりとかだな!
あ:おお、得意そうだ!
兄:あとは、お湯の入れ方ね! 絶妙だぞ! 線よりもちょっと多めにすると、麺が吸った分もカバーできていいんだよ。
P:なるほどねー(笑)
あ:んで、得意料理は!
兄:・・・弁当をだな!
あ:ぎゃはははははは。
兄:はい、あさPさんは?
P:えーっと、キャベツ!
あ:なんでキャベツやねん!(笑)
兄:得意な料理じゃないじゃん! 得意な「素材」じゃん!(笑)
あ:いや、作るところからなんだよ!
兄:ああ、農家なのか。そこから得意なんだ。耕して。
あ:収穫まで。
兄:なるほどねー。んで、得意料理は!?
P:キャベツを切る!
あ:千切りか!
兄:それが得意料理なんだ。んじゃ作り方をお願いします。
P:まず洗ってー。
兄:おお、まず洗うよな。
P:包丁で切る。
あ:切った。そして?
P:マヨネーズをかける。
兄:マヨネーズで。そして?
P:うま。
兄:ぎゃはははははははは!(笑)
あ:結局それだけかよっ!!
兄:あー笑った笑った。っつーか、料理は全然しないの?
P:お菓子とか・・・
兄:お菓子は料理じゃないだろ!
あ:まぁまて。「とか」の続きが気になる。お菓子とか?
P:・・・そうめんとか。
兄:そうめんか。んじゃ作り方をお願いします。
P:えーっと、あれ、そうめんってどうやって作るんだっけ。
兄:得意じゃねーじゃねーかっ!!(笑)
あ:やべぇ、腹いてぇ、腹いてぇ。
兄:なんだかなぁ。はい、他にないのか他に。
P:えー、ミートソース!
兄:おい、温めて終了とかじゃないだろうな。
P:いや、ちゃんと作ったのね。ひき肉とか炒めてたら、腕が痛くなっちゃって。
兄:よわっ!
あ:なに、もしかして途中で断念?
P:いや、3時間ぐらいかかったけど作った。
兄:おお。味はどうだったの?
P:美味しかった。
兄:そりゃよかった。
P:あとね、一番苦労したのが、ドライカレー。作るのに、レシピをインターネットで見つけて印刷したのね。
あ:ああ、なるほど。
P:そしたら、まずたまねぎをキツネ色になるまで炒めるってなってて、一生懸命に炒めてたんだけど一向にキツネ色にならなくて。1時間ぐらいしてもならなくって。
兄:ほぉ。
P:それで、料理の得意な友達に聞いたら「新たまねぎは色が付かないよ」って言われたの。
あ:ぎゃははははははは!
P:えー、みたいな。
兄:だめじゃん。
P:ずーっと炒めてたのに、無駄だった。
兄:その時点で炒めすぎだったわけだな。それで結局どうしたの? 断念?
P:ううん、ちゃんと作ったよ。
兄:味は?
P:美味しかった。
兄:なんだよ、結果オーライばっかだなぁ。んじゃあさPは、料理が得意とかじゃなくて、あんま好きじゃないんだ。
P:うん。
兄:疲れるから?
P:疲れるから。
あ:そりゃ3時間もやってりゃ疲れるだろうよ。
P:なんかね、無駄な時間が多いみたい。
兄:まー、これからも頑張れ!

兄:ということで、今回はこれぐらいにしましょう。
あ:質問、どしどしお待ちしております。
兄:今回のアンケートどうしよう。体重とかだと、セクハラかねぇ。
あ:どうだろう。
P:あ、体重っていえばね、今日ね、献血車があって、やったことなかったからやってみようと思ったのね。
あ:お、偉い。
P:そうしたら、体重制限があって。
あ:ああ、あるある。
P:なんか、50kg以上ないとダメなんだって。
兄:え、そうなの?
あ:取ったら貧血になりそうな人は、向こうから断られるんだろ。でも50kgなんだ。
兄:あきちゃんだったら、2リットルぐらい抜いても大丈夫そうだけどな。
あ:2リットルはキツイな。
兄:致死量か。
あ:多分。
P:それで、残念だった。
あ:でも、やろうと思ったところが偉い。
P:条件がね、18歳以上で50kg以上だった。年齢は大丈夫だったんだけど。
兄:ふーん。さてアンケートはどうしようかな。次は3月の初めぐらいか。
P:いちご狩りに行きたい。
兄:いちごぉ?
あ:うわ、今の兄貴にその話題はやばい(笑)
兄:まったくよぉ、どこのコンビニもいちごいちごってよぉ!
あ:あーあ、始まっちゃった。
兄:わざわざレジの横に専用コーナーとか作るな! いちごが嫌いな人間のことも考えろ!
P:あははははは。
兄:しかもバレンタインと絡めてストロベリーチョコとか・・・あ、あさP、チョコレートくれ!
P:あ、忘れてた!
あ:うーわ。
兄:うーわ。
P:また今度。
兄:はい、そんなわけで、終わり終わり。以上、第45回サポセン毒電波通信でしたー。
あ:ごきげんよう。
P:ごきげんよう。
兄:ごきげんよう。


お名前(必須)

E-Mail(必須:公開はしません)


今回の内容は面白かったですか?
面白かった 普通 いまいち

ご質問、ご意見、感想、取り上げて欲しいテーマなどをどうぞ。


ありがとうございました。




第46回へ  一覧へ  第44回へ