サポセン電波通信


第102回へ  一覧へ  第100回へ

第101回

P:ふかいりぴーなっつ。
あ:へ?
兄:なに?
P:深煎り。
兄:えーっと、3月22日。
あ:13時53分。
兄:兄貴と、
あ:あきすてと、
P:あさPの、
兄:サポセン毒電波通信ー。
あ:いえーい。
P:いえーい。
兄:フカイリってなに?
P:いっぱい煎ってるの。
兄:ああ、そういう意味か。んで、それってなに?
P:ランチパックってあるじゃん。あれの種類。美味しいの。
兄:へー、コンビニとかで売ってるの?
P:そう。なんか、ピーナッツのかけらが入ってて、香ばしくて美味しいの。
あ:知らなかった。
P:それにハマってるんだけどさ。
兄:ということで今回は、あさPさんのマイブームって何って話題から始めてみました。意味が分からなかった。
P:あはは。
兄:ということで、3月22日。祝日。3連休の最終日ですが、どうでしたかこの休みは。
P:昨日は、エステに行ってきた!
あ:なんだと!
兄:まるで女子のようではないか!
P:女子です! 女子です!
兄:やっぱそうかー。いや、今日は見た目が違うと思ってたよ!
P:そう?
兄:どこがって聞かれたら厳しいけども。
あ:だよなー。
兄:エステって全然分からないんだけど、いくらぐらいするの?
P:知り合いがやっているところで、顔とバストアップをマッサージとかパックとかしてもらった。1時間ぐらいで3,500円。安いでしょ。
あ:いや、相場が分からない(笑)
兄:だよな。でも安いんだろうなぁ。
P:知り合いのところだから、お茶とかお菓子がいっぱい出てきた。
兄:それはいいね。一方あきちゃんは?
あ:土曜は仕事。昨日はブラ三を1日中やってた!
兄:ブラウザ三国志ね。そういうネットゲームがあるんだけどね。
P:そうなんだ。
あ:ニコニコ動画見ながら、時間が来るとブラ三。
兄:さて私は、山梨県庁に行ってきました。県庁巡りの旅シリーズ。土曜日に行ったらいい天気でさー。考えてみたら山の中だから花粉がすごくって。
あ:そうだろうなぁ。
兄:ルートがさ、町田から相模湖行って、甲府行って、帰りは河口湖から山中湖、御殿場で実家の小田原へ。結構近かった。
P:甲府でお風呂に入らなかったの?
兄:どこの?
P:なんだっけ、あっちの湯とかこっちの湯とかいう・・・
あ:なんだそれは(笑)
P:甲府の山の上にあるんだけど。忘れちゃった。
兄:気になる。しかし天気が良くて、富士山が綺麗だったよ。
P:いいなぁ。
あ:富士山かぁ。昔から富士山を見てたからさ、全然感慨深くもなんともないんだよね。
P:そうなの?
あ:静岡県民ですから。
兄:いや、私も小田原で富士山は常に見てたけど、好きだけどなぁ。
あ:日常のように、すぐそこにあるもんだから、別に。近いんだよ。
兄:焼津と小田原はどっちが富士山に近いんだろう。
あ:うーん、同じぐらい?
兄:でも、目の前にでっかく富士山があると、結構感動するよ。
P:見慣れてるはずなのに、テンション上がるよね。
あ:オレはさ、静岡に帰るときに富士駅に止まるじゃん。「あー、富士山だー」ぐらいでさ。
兄:感動もなにもないのか(笑)
あ:神奈川と静岡を行き来するときに毎回富士山の横を通ってるわけだからさ。
兄:それもそうか。
P:「富士山見えた、ラッキー!」みたいな感動がないのね。
兄:それもそれで残念なのかも知れない。そいでね、山梨県庁の近くに「桔梗屋」っていう信玄もちで有名なお店の、アウトレット館があってね。
P:アウトレットぉ?
あ:できそこないみたいなの?
兄:そうそう。全部半額なの。んで、そこの名物というか売りが、信玄もちの詰め放題でね。それをやりにいったんだけど、着いたのが正午ぐらいで、観光バスが2台ぐらい来てるの! おばちゃんがわんさか居て、もう詰め放題は終わってた。
あ:有名店とかであるよね、売り物にしないのを詰め放題をやってるところ。
兄:普通は従業員にしか売らないやつなのね。んで、賞味期限が今日までとか明日までとかで。だから、買ってもお土産にできなかったんだけどね、甲府行ったことある?
P:ある。桃を食べに。あとぶどうとか。
あ:山梨は果物ってイメージがあるよね。
P:あ、さっき言ってた温泉の名前を思い出した。ほったらかし温泉。
あ:なにそれ。聞いたことない。
P:ホント? 有名だと思ったんだけど。山の上にあって、露天風呂になってて、「あっちの湯」ってのと「こっちの湯」ってのがあって。
兄:なに、その温泉は、ほっとかれるの?
P:ほっとかれるんじゃない?(笑)
兄:んじゃ無料なの?
P:いや有料だけど・・・
兄:ほっとかれないんじゃないかよ!
あ:わはははは。気になるからあとで調べてみよう。
P:夜に入ると夜景が綺麗だし、昼間なら富士山が見れて綺麗らしい。
兄:知らなかったなぁ。そんなわけで花粉症が大変なことになってるんですけどね。
あ:がんばれ。
兄:あれ、あきちゃんは花粉症じゃないんだっけ。
あ:そうだよ。っていうか、去年もこの話はした。
兄:そうだっけ。あさPさんは?
P:花粉症じゃないです。
あ:それも去年聞いた気がする(笑)
兄:もうね、花粉症の人間からすると、花粉症であることが当たり前だと思ってるのよ、周りの人間も含めて。だから、花粉症じゃないのが意味分からん。
あ:去年もした記憶があるなぁ、この流れ。
P:うん、兄貴だけ違うっていう。
兄:ショックだ。
P:花粉が来たって、突然分かるもんなの?
兄:来たなーって分かるよ。春が来たなって思う。これから梅雨ぐらいまで、ずっとこのままだもん。
P:なんかCMで、鼻の穴の周りに塗るのがあるじゃん。あれはどうなの?
兄:あれな! 試したんだよ! 買ったんだよ!
あ:いろいろ試してるんだ(笑)
兄:そしたらさぁ、鼻の下が滅茶苦茶荒れちゃってさ、全然ダメだった。
P:合わなかったんだ。
兄:しかも効かないし。
P:なんかさ、鼻の穴の中に入れるシートみたいなのもあるよね。
兄:あるんだけど、違和感あってね。くしゃみするともうダメだし。
あ:やっぱ薬か。
兄:そうだね。「眠くなりにくい」って薬を飲んでるんだけど、それでも眠いね。
P:花粉症の季節になる前に注射するといいって言うじゃん。
兄:そうなんだけど、医者に事前に行ってまでって思っちゃうんだよね。しかも注射だし。
あ:そこまでひどくないのか。
兄:いや、ひどいんだけど、ある意味慣れてるというか。医者に行ったら負けというか。
あ:負けてもいいじゃん(笑)
兄:ある意味、毎年負けてるんだけどね、花粉に。君らもデビューすればいいんだよ!
P:イヤです。
兄:そんなこんなで、近況報告でした。今日はこんな感じで3人でお送りしております。渋谷に来ています。ダーツをやってきました
あ:疲れました。
兄:1時間半ぐらいでもう疲れたのか。
あ:だめだね、体力ないね。
兄:あきちゃん、めっちゃ調子悪かったね。
あ:調子悪いっていうか、疲れた!
兄:運動しないとダメだよ。
あ:そうなんだけどなー。もうね、腕が動いてないんだよね。
P:運動、何にもしてないなぁ。
あ:次はボウリングか?
兄:もっと体力使うぞ。
あ:きっと2ゲームでヘロヘロになるな(笑)

兄:では、コーナーにいきます。「サポセン採用試験」!
P:ぱちぱち。
兄:今回はシンプルに「志望動機はなんですか」ということでした。初めての方に説明しますと、10点満点で採点していきます。今回は3人ですので30点満点になります。最高得点の方は見事入社となります。入社するとみんなから「おめでとう」って祝われます。
あ:おめでとう!
兄:んじゃいってみましょう。「まー」さん。『3食昼寝付だから』
あ:付かねーよ!
兄:24時間サポート、住み込み・・・というところはあるのか?
P:あるのかなぁ。
兄:絶対にイヤだけど。続いて「raiar」さん。『蕁麻疹が出て、食べられる物が制限されるので、健康にいいかなと』
あ:ん?
兄:これ、説明もいただきまして、『サポートデスクに入って半月ぐらいして、本当に蕁麻疹になりました。半年して違う部署に行きましたが、その途端に治った・・・』って。
あ:マジですか!
P:大変だ。
兄:まぁ病気になる人も結構いますよね、肉体的に精神的に。なんか病気になった?
P:サポセンではなかったけど、今の会社に入りたての頃、誰もかまってくれなかったから、右半分だけに湿疹が出てた(笑)
兄:あぶねーだろそれ!
あ:なんだそれは。
P:分かんない(笑)
兄:似たようなもんじゃないですか、蕁麻疹だし。あきちゃんは?
あ:ない。
兄:そうか。
あ:神経図太いんで。
兄:そうか、いいなぁ。私はもう胃が。さて続いて「葉月文藍」さん。『絶対サポセン黙示録というサイトにネタを投稿したくて志望しました』
あ:ベタだな!
兄:ウチのサイトを見てサポセンに入ったって人は結構メールをいただいてたんですけど、その後どうなったかっていう報告はあんまいただきません。
あ:そうだねぇ。その後、どうなったんだろうねぇ。
兄:毎回「入りたいんですけど」って人には「やめておけ」って言い続けてきたんですけどね。次にいきましょう。「黒竜王V」さん。『市が主催する、サポセン基礎講座というものを受けたので(実話)』
あ:へー、そんなのあるんだ。
P:すごいね、どんな内容なんだろう。
兄:市が主催・・・
P:沖縄?
あ:沖縄か! ありそうだぞ! 那覇市か!
P:そういうイメージだよね(笑)
兄:内容が気になるなぁ。やっぱ敬語とかかな。
あ:あー、いやー、どうなんだろう。それは別にサポセンじゃないだろ。
兄:んじゃパソコンの基礎知識? その複合なのかな。
P:謎だ。
あ:電話での受け答えの仕方。
兄:電話マナーか。市が主催ってのがインパクトあるね。受けたい気もする。
あ:いろんなサポセンが集中している沖縄ならありえるかもしれない。
P:多いよね。移転するっていうと、沖縄ってことが多い。
兄:では次にいきます。「もう」さん。『この不況下において、サポセンはつぶれそうもない強みを持った会社と感じたので、志望しました』
あ:どうなんだろう。親会社が強いかどうかだよな。
兄:ソーテックはなくなったしなぁ。
あ:そういえばそうだな。
兄:どうなったんだろうね、全サポーターが社員ってのを売り文句にしてたのに。
P:オンキヨーになったんだよね。そこに移行したのかな。
兄:あれが他の会社に委託してたのなら、そのままスライドってのができるだろうけど・・・社員だとなぁ。
あ:でっかいところはつぶれないだろうけど。
兄:いやでも分からないじゃん。この不況下なので、人員募集するどころか派遣切りが行われてるし、サポート業界も。まず減らすべきは人件費。
あ:悪循環になるのにな。
兄:だねぇ。さて次は「ベンジャミン」さん。『自分の胃がどこまで耐えられるのか知りたくて』
あ:いいね! チャレンジャーだね!
P:危険だね!
兄:「オレは胃が強い! だから試したい!」っていう意味なのか、「オレは胃が弱い。どこまで弱いのか知りたい」っていうので変わるね。
あ:弱い人はダメですよ、この仕事。
兄:私は弱いんだよなぁ。次は「ぱんてる」さん。『家族から、お前は将来、詐欺師かスケコマシしか道がないと言われ、スケコマシには顔がよくないので、舌先三寸(あれ?前に誰かが言ってたぞ!座右の銘とかなんとか)で生きられそうなサポセンを志望しました』
あ:兄貴のことか!
兄:他人に思えません。
P:でも実際、口先だけだよね(笑)
あ:そうだよね、うん。
兄:頭の回転と舌の回転でなんとかなります。これは要するに、そういうことに自信があるってことでしょ? なら最適ですよ。
あ:天職だね。
兄:ええ、天職です。ありがとうございます。続いては「ろっきー」さん。『タイマン(怠慢)て漢のロマンですよね』
あ:へ?
兄:あー、えーっと、言葉じゃ分からないよね。1対1の「タイマン」と、怠ける「怠慢」をかけているわけで。
あ:あ、なるほど、考えてるなぁ。
P:面白い。
兄:確かにサポセンはタイマンです。
P:勝つか負けるか!
兄:漢のロマンって書いてあるんですけど、女性としてはどうなの。
P:勝負だよ! タイマンだよ!
兄:女性にもロマンらしいです。でも怠慢はやめてください。続いて「hironog」さん。『どMなんです』
あ:ぶっ。
P:Mかー、Mなのかー。
あ:いや、どっちもありじゃね?
兄:私はドSだからなぁ。
P:Mだとなんか・・・使えなさそうじゃない?
兄:クレーム対応だといいのかなぁ(笑)
P:長時間対応ができるかも知れない。
兄:あさPさんはSですよね。
P:うん。
兄:あきちゃんは?
あ:Sではないな。
兄:どっちでもいけそうです。長時間に渡って罵声を浴びせられる感じの仕事だったらいいんでしょうか。
P:完全に変態だ(笑)
兄:次、「蓬莱聖鬼」さん。『よく、目力ならぬ声力があると言われるので』
あ:素晴らしい。
兄:これは普通の理由としていいね。やっぱ声はその人独特のものだから。
あ:説得力のある声ってあるよね。
兄:高すぎると軽く聞こえるし、低すぎると怖く聞こえるし。いい声ってあるよね。声優じゃないけど、そういうのも重要。
P:聞き取りやすい声、聞き取りづらい声ってあるもんね。
兄:はい次で最後。前回ニャー点を獲得した「SAHK(にゃータイプ)」さんです。
あ:来た!
兄:『この会社の前を通ったら「時給890円でどう?」と言われたので』
あ:勧誘かよ!
P:しかも安い(笑)
兄:890円は安いよなぁ。普通のバイトって、今はいくらぐらいが相場なの?
あ:1,000円ぐらいじゃね?
P:都内だったらそれぐらいだよね。
あ:でもなんか、890円ってリアルな金額だよね。
兄:サポセンとしては安すぎるでしょ。
P:でも、その金額で勧誘されて来たってことは、その金額でいいってことでしょ?
あ:そうか! そうだ!
兄:ならば採用という道も・・・
あ:これ、890点とか付けちゃダメ?
兄:ダメだよ!!
あ:ちぇー。
兄:えーっと、以上になります。今回はテーマが単純だったんですが、それゆえに難しかったのか、投稿が少なめでしたね。んじゃ、集計に入ります。

兄:集計終わりました! では発表します!
あ:どうなったかな。
兄:今回の採用者は・・・ドラムロールスタート!
あ:ドロドロドロドロドロ、デン!
兄:30点満点で25点を取りました、「蓬莱聖鬼」さんです!
P:おめでとうございます。
兄:やっぱり声力というところが評価されて。今回はネタではなく真面目な面での評価になりましたが。
あ:そうだね、やっぱり魅力あるし、インパクトもあった。
兄:さて次点、惜しかったのは、舌先三寸の「ぱんてる」さんです。やっぱしゃべりですよね。
あ:うん、パソコンの知識がなくてもOK。
P:口先で(笑)
兄:ということで、「蓬莱聖鬼」さんが採用となりました。ぜひまた投稿してください。続いて番外として、奇妙な点数になった方を紹介。「SAHK」さんは「時給900円」になりました。
あ:この金額でよければ。
兄:さすがに890円は安いだろうってことで、900円にしてみました。仮採用?
P:正採用を目指してください!
兄:さて次回の募集テーマなんだけど、「今までの職歴」にしたいと思います。
あ:ほう。
兄:バイトでもOK。やっぱそういう経験が採用のときに重要になるじゃない。資格と迷ったんだけど、職歴で。サポセンで採用されるのに有利そうな職歴を考えて送ってきてください。理由も書いていただけると紹介しやすいですね。
P:どんな人が来るかな。
兄:ネタでもマジでもいいので、どしどし送ってください。ということで、サポセン採用試験のコーナーでした。

兄:最後に、あさPさんに旅行に関するメールをいただきましたので紹介。「くに」さんです。『海外も良いですが、夏の北海道にもぜひ♪ 富良野のラベンダーをはじめとして、見所満載です』とのことです。
P:行ったことある。
兄:旭山動物園とか?
P:行った行った。一昨年ぐらい。
あ:結構最近だね。
P:旭山動物園と、富良野のラベンダー畑と。
あ:オレは行ったことないんだよなぁ、北海道。
兄:あきちゃんには『エゾバフンウニが美味いですよ〜』って。
あ:ウニねぇ。いいねぇ。
兄:北海道民のくにさんからの情報でした。まぁ私にとって北海道といえば、水曜どうでしょう。
P:あれやろうよ、カード引いてそこに行くやつ(笑)
兄:何年かかるんだよ! 私も北海道行ったことないんだよなぁ。県庁所在地巡りでいつか札幌に行って、HTBで水曜どうでしょうグッズを買うのが目標。
P:北海道はね、結構いろんなとこ行ったよ。
兄:どうやって行ってるの?
P:飛行機で行って、向こうでレンタカー借りて。
兄:やっぱ飛行機だよなぁ。バイクで行きたいんだけど、フェリーなんだよね、渡るの。私、知らなくてさぁ。道路が繋がってないのね。
あ:繋がってないね。
兄:青函トンネルって電車だけなのね。フェリーかぁ。3時間ぐらいだっていうし、酔わないかと心配。
あ:横浜から行こうぜ!
兄:いや、絶対に無理です・・・
P:青森からフェリーなの?
兄:うん。あと八戸からもあるけど遠い。
あ:やっぱ横浜だって!
兄:なんでそんなに横浜押しなんだよ!
P:兄貴は船も苦手なの?
兄:あんま乗ったことないけど、多分ダメだろうなぁ。緊張しちゃって、それでもダメだよね。
P:酔い止め飲んで、寝ちゃえばいいよ。
兄:睡眠不足が一番いけないっていうもんな。
あ:でっかい船って揺れないんだぜ。
P:豪華客船とか。
兄:この前、宮島に行ったときに30分ぐらい乗ったのは大丈夫だったけど。そんなわけで、いつか北海道に行きたいと思います。

兄:そんなわけでもう4月ですけど、なんか部署が変わったりしないの?
P:部署は変わらないけど。
あ:仕事が変わるんだろ?(笑)
兄:ああ、辞めるんだっけそろそろ(笑)
P:あ、そうそう、この前両親に「パン屋さんやりたい」って言ったの。
あ:本当に言ったのかよ!
P:そしたら「いいんじゃない?」って軽く言われた(笑)
兄:んじゃまずは、今の会社でパン屋さんやればいいんじゃないかな。
あ:ああ、自分でパンを作って持ってくのか!
P:めんどい(笑)
兄:ということで、第101回サポセン毒電波通信でした。
あ:おつー。
P:おつかれさまでした。
あ:花見に行こうぜ。
P:お花見いいね。
兄:花粉症なめんな!
お名前(必須:公開される可能性があります)

E-Mail(必須:公開はしません)


今回の内容は面白かったですか?
面白かった 普通 いまいち

「サポセン採用試験」のお題です。「今までの職歴を教えてください」
※無記入でも大丈夫です。


ご質問、ご意見、感想、取り上げて欲しいテーマなどをどうぞ。
あきちゃんに食べ物、あさPに旅行のスポット、おやまさんに映画のオススメ情報もお待ちしております。


ありがとうございました。




第102回へ  一覧へ  第100回へ