投稿ネタ484へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ482へ

驚愕!3時の出前は死の香り

2000年3月5日  月光 [URL]


いつも密かに楽しませていただいてます。

オイラのサイトでも「逆サポセンコーナー」みたいなコンテンツがあります。
基本的に全て実名で書いていますが、その中からソフトなヤツをいくつか。


よく昼食に、出前を頼むおそば屋さんがあります。
オイラはいつも仕事を11時頃から始めるので、午後3時まで出前をやってくれるこのお店は重宝していました。
(だいたいのお店は2時頃から休憩に入ってしまう)

そしてこの日も、出前の電話をそのおそば屋さんにしました。

「もしもし、月光ですけど、出前御願いしますぅ」
「えっ? 月光さん? ああ、あそこのね・・・」

いつものオネーチャンとは違う「オバチャン」が出ました。

「出前、終わったのよねっ」
えっ? 確か3時まで・・・」

時計を見ると、午後2時54分。まだいけるよなぁ。

「3時になるとねぇ、出前のヒト、帰しちゃうのよねっ!」

なんかすご〜くがあるな・・・

「でもまだ3時前・・・・」

言い終わらないうちに、オバチャンは、

「もっと早く電話くれないと困るのよねっ!!」

(`へ´)凸 かちーん

「たしか出前って3時までですよねっ」(ちょっと強い口調で)
「誰もいないしねぇ」

( ̄□ ̄;)!! かちん・かちーん

「た・し・か・出前は3時までですよねぇ」(さらに大きな声、ドスの利いた声で)

しかし、オバチャンは臆した様子もなく、

「ふぅ・・・しょうがない、いいですよ。行きますよっ。ご注文はっ?」

(`´メ)怒怒!! ぶっちーん!

「もういいよ」 がちゃん


ババアっ! なんだその対応わっ!
電話切った時点でもまた3時になってなかったぞ。「出前は3時まで」と謳ってるなら、3時にかかってきた電話だって受けるのが普通だろ!

きぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。クヤシイッ(ToT)


この借りはいつか必ず・・・

− 483 −

投稿ネタ484へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ482へ