投稿ネタ449へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ447へ

笑顔!裏に隠された非道

2000年2月13日  地域振興拳


あれは数年前、私が大学生の頃でした。

「インターネット」「マルチメディア」という言葉が普及しはじめの頃。
レポートの提出も手書き不可ワープロまたはパソコンでの清書義務付けるという先生も出てきました。


パソコンはおろかワープロさえろくに触ったことのなかった私でしたが、そういうのに詳しい友達に聞きながら、どうにかレポート作成を行いました。
無事に入力を終え、印刷イメージも確認。FDへ保存もしました。

しかし、肝心のプリンタの使い方が分からない
友人は先に帰ってしった後でした。

仕方なく私は大学の「コンピュータ管理室」なる場所へと向かいました。


OAエプロンを着た優しそうなおねえさまに向かい、私は言いました。

「プリンタの使い方が良く分からないので、マニュアルとかがあったら貸してもらえませんか?」

するとそのお姉さんは、

「それじゃあ、PCに入ってる『手順書借用書』に必要事項を入力して、打ち出して持って来てください」
「・・・・・」

私はプリンタの使い方が分からないから、マニュアルを借りたいのに・・・
借用書を打ち出してこいだと?

「プリンタが使えないので、打ち出せないんですけど・・・」
「でも、そういう決まりになってますので」(にっこり)
「だから、打ち出そうにも、プリンタの使い方が分からないんです!
「でも、勝手に貸し出せないし・・・」(やっぱり笑顔)

(しばらく同様の会話が続く)

「・・・もう、いいです・・・」


普通に考えて、マニュアルを借りに来るのって、素人ですよね!?
その素人に対して、PCに入ってるフォームを呼び出して、入力して、プリンタで打ち出した書類を持って来いって、一体何を考えてるんでしょう。

結局翌日友人を捕まえて打ち出してもらいましたが・・・
まだああいうことを続けているのだろうか。

− 448 −

投稿ネタ449へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ447へ