投稿ネタ429へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ427へ

厳粛!誰がために鐘は鳴る

2000年2月4日  satas


先日、おもしろいネタを仕入れましたので投稿します。


会社のもと重役さんが亡くなったので、関係部署所属のわが後輩ヨシノブ君(仮名)は手伝いに行くことになりました。
案内役を与えられ、まあ問題無くこなしたそうです。

告別式も終わりに近づき「やれやれ終わりか」と思ったとき、ヨシノブ君は同じく手伝いに来ていた上司に声をかけられました。

「君もお参りしてきなさい」


会場へ着くと焼香を待っている人はおらず、ヨシノブ君はご遺族に挨拶し、焼香台の前に行きました。
お香を一つまみ。炭の中へ。そして拝みました。

そしてヨシノブ君なにを思ったか・・・
祭壇に進み出ます。そしてばちを持つと

ちぃ〜ん

周囲が呆然としている中、ヨシノブくんは颯爽と退場しました。


そうです。
このヨシノブ君、物心ついて以来葬式の経験が一回もありません
このときは「前の人の真似をすればいいや」と思っていたそうです。

しかし、会場に入っていくと前には誰もいません
おまけにご遺族と目が合ってしまいました。もう引き返せません。

ヨシノブ君は意を決して焼香に望んだそうです。

まわりも何も言わなかったのでOK!と思っていたそうです。
ただ、帰り際に葬儀社の人から一言。

「ご経験・・・少ないでしょう?」

− 428 −

投稿ネタ429へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ427へ