投稿ネタ349へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ347へ

関係!なるべくなら友好的に

1999年12月27日  ぽこぺん


アルバイトさんは、我々にとって貴重な労働力です。
そのために私たちは、なるべく友好的な関係を築いておきたいと思ってます。

しかし中には、そうしたくても出来ないことが・・・



<其の一>

私が鹿児島に出向していたときのことです。

お店は2階建てで、下が家電・上がパソコン。
そのため下のバイトさんとは話す機会があまりなかったのですが、たまたまお昼が一緒になりました。
しかし一度も話したことがない娘だったので、何を話そうかと考えているうちに、段々と沈黙がその場を支配していきました。
その場の空気を払うかのように、バイトさんが話し始めました。

「そういえば2階の人って…」
「うん?」
20代の人っていないんですね」

Σ(T_T ガーン
ワタシッテ ソンナニ トシクッテルヨウニ ミエル?


「・・・君の目の前にいるけど25には見えない?」
「・・・・・」

結局2度と口をきいてくれることはありませんでした(TT



<其の二>

13年ぶりの大雪で、お客さんの足が止まったある日の出来事。

「代用!意外なもので」で紹介した、○ティちゃん起き上がりこぼしが外で倒れてました。
おもりの変わりに水を詰める形状になっているため、水がおかしな形で凍ってしまい、自力で起き上がることが出来なくなっていたのです。

仕方なく店内で凍ったのを溶かそうと中に入れ、レジの娘に声をかけました。

キテ○ちゃんが倒れてるから、起き上がるまでここに置いといて」
「えっ! おじいちゃん!?

Σ(゜ロ ゜; ガーン
ナンダヨ ソノ ナンテツメタイヒトナンダロウ トイウ メハ!?

慌てて駆け寄ってきて、レジ越しにキ○ィちゃんを見た彼女に

「・・・それだったら、もうちょっと慌ててるよ・・・」

と一声かけるのが精一杯の私でした・・・(TT



番外編

「はい、ありがとうございます。○○店でございます」

元気に電話に出た私を待っていたのは・・・

「○○情報しすてむせんたーデス。ゴカテイノパソコンノフキュウリツノチョウサデス」

Σ(−−; ナンデキカイゴ?

「ソチラノゴカテイニパソコンガアリマシタラ2ヲオシテクダサ・・・」 がちゃ!!

その普及に貢献してるお店の番号くらいひかえときやがれー!!凸(▼口▼メ

− 348 −

投稿ネタ349へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ347へ