投稿ネタ332へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ330へ

留守!あなたはだぁれ?

1999年12月19日  たりらりらん


えっと・・・たりらりらんです。
またしても電話ネタです。



<その1>

私には兄が2人いるのですが、2人共独立していて、私は両親と一人娘状態で暮らしています。
なので、両親が旅行に出かけると、束の間の一人暮らしとなります。

「今日両親が帰国する」という日、仕事から帰ってきた私は、留守電のメッセージ預かり表示に気付きました。
聞いてみると・・・

もしもし、**です。。今度の水曜日のお稽古ですが、先生のご都合で、木曜日に変更となりました。次の方へのご連絡をよろしくお願いします。失礼致します」

何度聞いても、最初の発信音に名前がかぶってしまい、聞き取れません。
ウチの母はお花俳句だといろいろしている人なので、本人が聞きゃ分かるだろと思い、あきらめる事にしました。

帰宅した母に留守電に録音があった事を伝えたら、さっそく聞き始めました。
が、なんだか様子が変です。

「誰?」
「分からん」

へ!?

「水曜日には何にも予定はないから・・・」

おばちゃ〜ん。伝言ゲームが途切れたよ〜(笑)



<その2>

ウチの会社は仕事柄、お客さんのところに直行・直帰する人が大半です。
なのでウチの支店では、月初に帰社日が設けられ、仕事が放り出せる人(笑)は夕方に事務所に帰ってきます。
その日には、ちょうどいいのでいろいろな会議が開かれたりなんかします。

とある帰社日、帰社した私に、後輩のT君が近づいてきました。

「たりらりらんさん。留守電聞いてもらえました?」
「留守電? なんの? 知らんで」
「いつ携帯に電話しても出てくれないんで、留守電に今日会議があるって入れたんですけど」
「・・・私、毎日電源入れてて、留守電もチェックしてたけど、着信も留守電もなかったよ。君、誰の携帯にメッセージ入れた?

彼にはもう一度、携帯の番号を教えて差し上げました(笑)



<おまけ>

ある日、最寄り駅から自宅に電話しました。

が、聞こえてきたのは留守電のメッセージ。
しかも、見知らぬ人の家の・・・(−−;

思わずそのまま無言で切っちゃいましたが、これでいいんですよね?
留守電に「すみません。間違えました」って入れなくってもよかったんですよね?

− 331 −

投稿ネタ332へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ330へ