投稿ネタ320へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ318へ

電話!勧誘3連発

1999年12月14日  たりらりらん


どもども。調子に乗って3回目の投稿のたりらりらんです。
今回は電話勧誘もののネタを・・・

<その1>

就職の内定先も決まった短大2年の秋でした。

夕方自宅にいた私は、1本の勧誘電話を取りました。
セオリー通り、若い兄ちゃんでした。しかもタメ口

「あのね、すごいいい話があるんやけど・・・」
「はぁ・・・」
「K子さん(私の本名です)英会話興味ない?」
「ないです」
えー!? なんで? 海外旅行とか行きたいって思わへん?」
「教室とか通ったら高いし、海外旅行に興味ないから」

(この時は本当に興味なかったです)

「ん〜・・・じゃあ・・・ワープロ講座どうかな? 資格持ってたら仕事にすごい役立つよ」
「もう別の教室に通ってます」

(本当は先月で終わってるけどさ)

「えー・・・んじゃ、パソコンは? これからはパソコン使われへんと・・・」
「コンピュータ関係の会社に就職内定してるんですけど」

(これは本当)

「・・・・・」

撃墜成功。



<その2>

就職して何年か経ち、残業続きの毎日で休日は疲れ果てていた頃。

土曜日の昼過ぎ、自宅の自室でウトウトしていた私は、内線の呼び出し音に跳ね起きました。
私宛てにかかってきた電話を、親が取ってまわしてきたのでした。

またしても勧誘電話です。
その若い兄ちゃんは、自己紹介した後、「立て板に水」とはこの事か、というような感じでセールストークを開始しました。

しかし、さっきまで夢の世界を漂っていた私は、頭が動いていません。
なので・・・

「&%#@*¥?」(なにかしゃべっている)
「・・・へ?」
「*−/+¥¥¥¥?」
「ふぁ・・・?」
「+++;¥&$##」
「ん゛〜〜〜〜・・・」

実際、この時兄ちゃんがどこの誰と名乗って、何を売りつけようとしていたのか、全っ然記憶にないです(笑)
そして、いきなり・・・

ガチャン!! ツーツーツー

へ? 何? ・・・切られた?
・・・なんで私が撃墜されなきゃなんないの!!



<その3>

休日に仲のよい4人で集まり、一人の家で借りてきたビデオ(確か「シークレットサービス」)の鑑賞会を開いていとき、その家の電話が鳴りました。
とりあえず一時停止にして、家の主のK子嬢(私ではない)が出ました。

「はい、○○です。・・・はい〜。・・・あ〜いいです〜。・・・いらないです〜。・・・はい〜」

チン

何かの売り込みだったようです。

少し巻戻すと、鑑賞会を再開しました。
・・・と、そこへ、またしても電話が・・・。

「はい、○○です。・・・いえ、違います〜。・・・はい〜。」

チン

「さっきと同じ人やった」(笑)

名簿でも見てかけてるんでしょうね(笑)

− 319 −

投稿ネタ320へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ318へ