投稿ネタ895へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ893へ

我侭!精神年齢は

2003年2月5日  ろじP


私、某全国チェーンスーパー鮮魚コーナーでアルバイトをしております、ろじPと申します。
この業界も本当にいろいろありまして・・・

先日のこと。
やたらと元気がよくて声のでかいヤンキーの兄ちゃんが彼女と一緒に買い物にやってきました。

他のお客様にもよくあることなんですが、置いてある商品についていろいろと語りながら(つまりケチをつけながら)持っている知識を披露しながら自信いっぱいに歩いてきます。
(こういう場合、多くはどこかでゆがんでしまった情報に踊らされていることが多いです)

そしてとうとう、我が鮮魚コーナーへやってきました。
あまりにゆがんだことを言うようならその自信を粉砕してくれようと、迎撃体制をとって待ち構えておりました。

すると、

「わし、魚嫌いやけん」

と言って去ろうとします。
しかし彼女は商品をじっくりと見定めて、何かを買おうとしています。すると、

「買うなや〜、いらんぞ。わしいらんぞ〜。買うなや〜、食わんけんな! 絶対食わんけんな!!

あのでかい声で。
小学生とかにはよくある話なんですが・・・


鮮魚コーナーを通り過ぎる間、ずっと叫びつづけたヤンキー。
彼女は結局海鮮サラダを買って行って下さいました。

毎度ありがとうございます。また来て下さいね。(彼女と一緒に)

− 894 −

投稿ネタ895へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ893へ