投稿ネタ850へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ848へ

謁見!アフリカの大統領

2002年9月13日  イエティ


某ホテルウェイターをしていた時の話。


アフリカの某国の大統領が来日し、日本人の団体と朝食会を催す事になりました。
私は朝食会が始まる前に、控室にいる大統領ご一行、計3名に飲み物をサービスするようにとの指示を受けました。

「○○大統領にはコーヒー、あとの二人は紅茶だ」
「わかりましたー」


一国の首相に会えるのか・・・
毒とか入れたら暗殺できちゃうよなぁ・・・
おいおい、既に毒入りって事はないだろうなー
犯人扱いされちゃうじゃんよ・・・



などと考えつつ、大統領の待つ部屋へ。
部屋には丸いテーブルに似たような3人の外国人が等間隔に座っていました。


さてと、大統領にはコーヒーだなっ
えーっと大統領はっと・・・
・・・誰が大統領なん??



「大統領」と名札を付けているわけでもなく。
一人だけ立派な椅子に座っているわけでもなく。
一人だけ長老ってわけでもなく。
一人だけ民族衣装に身を包んでいるわけでもなく。
どの位置が上座、下座っていうわけでもなく。
日本語で「大統領の方は?」と聞くわけにもいかず。


結局、

「自分が選挙で投票するならこの人かな?」

ということで、最も感じの良さそうなおじさんにコーヒーを渡し、部屋を後にしました。


その後、コーヒーを飲んだ人の容態が急変するわけでもなく、朝食会は無事終了。
クレームにならなかった様子からして、あの感じの良さそうなおじさんが大統領だったのかな?

何はともあれ、暗殺されなくてよかったよかった。

− 849 −

投稿ネタ850へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ848へ