投稿ネタ819へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ817へ

珍事!お客様見聞禄

2002年7月18日  劣化ウランちゃん


毎度失礼いたします。
今回は小ネタで参りたいと思います。


<その1>

ご披露宴がお開きになった時、担当席の女性のお客様に呼ばれました。

「写真、いいですか?」

カメラのシャッターを頼まれることはよくあります。
もちろん断る理由はございません。

「はい、かしこまりました」

私がカメラを受け取ろうとすると、

「あの、そうじゃなくて・・・」
「え?」

そのお客様、恥ずかしそうにこう言いました。

「一緒に写ってほしいんですけど・・・」

・・・( ̄▽ ̄;

その後、私はそのお客様と、ツーショット写真を撮りました。


<その2>

これは友人から聞いた話です。

ある披露宴の最中、強面のおじさんが、茶碗蒸し片手にこう言いました。

「おい、茶碗蒸しが足りねーぞ」
「は?」
「茶碗蒸しが来てねーって言ってんだよ! さっさと持って来い!」

Σ( ̄□ ̄;
その手に持ってんのは何なんだああああっ!

結局、友人は予備の茶碗蒸しを持っていき、何とか一件落着したそうです。


<その3>

ご披露宴が終わり、お客様のお見送りをしていると、男性のお客様が近づいてこられました。

「今日の披露宴、最高だったよ!」
「ありがとうございます!」

隣の先輩ともども、深く頭を下げました。
私どもとしても、うれしい瞬間です。

「つーわけで、キスしてくれ!

(°□°;どういうわけなんじゃあ!

「お食事の方はどうでした?」

先輩、いいはぐらし方でした。しかし。

「ああ、よかったよ! だからキスしてくれ! 唇にぶちゅーっと!」

(TT)ですからぁ・・・

結局、手の甲にキスをさせていただき、お客様は満足そうにお帰りになりました。


本日も、数ある披露宴会場から、当会場をご利用いただき、ありがとうございました。
スタッフ一同、心から御礼申し上げます。

− 818 −

投稿ネタ819へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ817へ