投稿ネタ814へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ812へ

珍客!手も足も出ませんでした

2002年6月29日  劣化ウランちゃん


前回に引き続き、披露宴最中でのハプニング(?)を投稿させていただきます。


とある6月のこと。
いつものように披露宴が始まりました。

その日、私は久しぶりのバカンスでしたが、パントリーに欠員が出たため、急遽ピンチヒッターとして入りました。
正直なところ「めんどくせーめんどくせー」と心の中でぶーたれていました。


担当テーブルのお客様は7名。比較的ご年配の方々でした。
こちらが恐縮するぐらいに礼儀正しく、内心「運がよかった」と胸をなでおろしました。

しかし、その中のお一人が、実は強烈な爆弾だったわけで・・・

まず、開宴直後に呼ばれて、

「お兄ちゃん、コーヒーのスティックシュガー持ってきてくれんか?」
「・・・はぁ」
「今すぐ今すぐ。早よしてくれ」
「かしこまりました。少々お待ちくださいませ」

何に使うんだ、こんなもん?
邪推しながら、お客様にお渡ししました。

「お待たせしました」
「おう」

そのお客様は、スティックシュガーを受け取ると・・・
一気飲みされました。

(°□°)・・・


さらに、料理をお出ししていたときのこと。

「おい、兄ちゃん」
「はい」
スイカ持ってきてくれんか?」
「・・・は?」

すいか。
すいかと確かに聞いたよな、俺の耳。

「スイカだよ、スイカ。よくこういうとこに置いとるやろーが」

お客様は両手で丸い物体を描写し、円卓中央のお花を置いているところを指差されました。

Σ(−□−;)やっぱり西瓜かい!

「申し訳ございません、こちらではお取り扱いしかねます」

と言おうとした、その時。
とどめの一撃が。

「無いなら買ってこい!」

(♯−−)やめてくれ。

「しょ、少々お待ちください。確認してまいります」

いったん保留にして、上司と相談。
キャプテン曰く、

「スイカ? 聞いたことねーぞ」

宴会部主任曰く。

「ないないない! ないって言っとけ!」

やっぱ、そうだよな。
その旨伝えようとしましたが、お客様がこちらの事情を察してか、

「もういいわ、ジュースで我慢する」

とおっしゃってくださいましたので、辛くも解決しました(のか?)


あとで先輩に聞いたところ、高級クラブやスナック等で、花の横に果物を置くことがある、ということでした。
大いに納得。


披露宴にご出席のご予定があるお客様に申し上げます。

ご披露宴会場は、新郎新婦さまのご結婚をお祝いする場所です。
クラブやスナックと同視しないでくださいませ。

− 813 −

投稿ネタ814へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ812へ